スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ災難続き

まず8月18日、激しい雷雨で停電に。

その内復旧するだろうと呑気に構えていたのに、
一向にその気配が無い。

東電の停電情報を見ても何も載っていないし
携帯で知り合いに聞いてみてもどちらさんも
「停電?してないよ。」って。

あらら?
2時間経過した時点で東電窓口に問い合わせてみた。

「復旧しているはずですので、お宅様の機器の故障でしょう。
そうであれば修理は有料です。90分後に伺います。」

我が家だけが大当たりか?

雷も遠くなったし雨も小降りになったしで、
ふく郎氏にご近所さんの偵察に行ってもらったら
我が家だけでなかったけれど、
見事にわが地区周りだけのピンポイント停電だった。

この日の停電は3時間ちょっと、勿論夕飯はコンビニ弁当に。



第二弾は8月22日、
台風の速度が遅く、風雨が強いまま、
そしてまた停電に。

今度は停電情報に載っていたけれど『100軒未満』
って、また同じ地域かな?

茨城県内の19万軒が被害を蒙っているのでどうせ後回しだろうなぁ。

停電となると我が家は自家水道なのでポンプが動かない。


きの子


だから当然炊事も出来ずろうそくの灯りでまたまたコンビニ弁当に。


後で聞いたら北側の地区はほんの一部、南側の地区は一部、
と先日と同じようにわが地区だけが全滅だったようだ。

なぜにこうも大当たり?
3,11の時よりも長い時間不便を強いられた。


そして災難は続く。

8月25日、お昼ご飯の用意をしようとしたら水が濁っている!
調べたらトイレの1つが故障で水が止まらなくなっていた。

ポンプのスイッチを切り、TOTOさんに修理を依頼したところ、
スケジュールがいっぱいで夕方まで待つことに。

飲み水は買って来るとしても困るのがトイレ。

風呂の残り水をバケツで運ぶのだけれど、
その不便も修理が終わって一安心、と思ったら・・・
夜遅くになって今度はポンプが空回り。

今度はポンプ故障?はぁ~~

でも朝になったらポンプの故障ではなく、
井戸が空っぽになっていた!のが原因だった。


もうこれでトラブルは終わりかな?

トラブルと言えば


きの子


スバルの傷跡も綺麗に元通りになって来た。

そして懲りもしないで相も変わらず夜遊びに励んでいる。


スポンサーサイト

台風接近

今年最初の台風が、いきなり関東直撃?
これから雨が強くなりそうだ。


お盆の間は家族が増えてにぎやかに過ごしたんだけれど、
いつもちまちまとした食事なのにいきなり7人分の準備に
もうてんやわんや。

お盆と言う仏教行事が一番苦手だけれど、
まぁこれも浮世の義理、今年も無事終わり、
グダグダな日常に戻りました。



きの子


この本は福島第一からほぼ25キロ圏に住む、
元大学教授の方の手記。
(事故後約半年間のブログ記事纏め)

ドイツでの体験記『チェルノブイリの雲の下で』
の日本版かと思ったら・・・大違いだった。

政府の対応、公式発表の欺瞞、母親たちの不安、
反原発運動とその分断、食品の汚染等々→チェルノブイリの雲の下で

25キロ圏での対応がどうだったのか?
そうした事を知りたいと思ってこの本を購入した。


屋内退避から30キロ圏外への自主避難を促されていることに
大いに不満を述べられる。

福島市や郡山市の中通りに比べて
少々の1マイクロ越えなら線量は充分に低い。

避難によって病人年寄などに、よりストレスが掛かっているではないか!
と2歳のお孫さんの避難さえなさらない。

3月27日になって親類の方が迎えに来て
2歳の子はやっと安全圏に引っ越して行った。

2週間以上も汚染の中で・・・不憫すぎる。


『女たちが』主導して我先に逃げ出した町は
町としての機能が失われ、生活に不便をきたす。

物流、通信は滞り痴ほう症の奥さんの医療にも困る事態となって
怒りは収まらない。

何故に留まって町の再興を図らないのかと。

1㏃たりとも汚染は嫌だ、とは言わないけれど、
事故前に比べて数千倍の汚染に曝されながら
先の見えない進行中の事故に対して
避難は愚かと罵倒する筆者にため息しか出てこない。

小出裕章氏の国会での証言
『現在の日本の法律を厳密に適用するなら』との
前提をあげて「広大な福島の土地を放棄しなければならない。」
これにも怒りに震えながら罵倒する。

いつも筆者夫婦が散歩に行く公園にでも来て
その静かで穏やかな佇まいでも見てみろ!と。

その公園は今では帰還困難地域で立ち入り禁止のはずだけれど・・・


筆者の怒りの矛先が余りにも私のそれとかけ離れていて
到底共有できるはずもなく、
事故後半年の時点での楽観論に的外れ感ばかりな後味の悪さを味わっている。


またもやったか?!

昨夜遅く帰ってきたスバル、
一瞬ネズミでも咥えて来たのか?と思ったけれど
そうではなく下あごから血を流している!
そして流れた血の跡かと思えば首にかけて
大きな擦り傷が出来ているし!

朝一番に獣医さんに駆け付けた。

「間違いなく交通事故ですね」

前回は足の複雑骨折で半年間も不自由したのに
またも懲りずにやっちゃった!


きの子


骨折はないけれど、左顎と右顎の接合部の開きが少し大きいかな?
しばらくの間流動食ですよ。
手術の是非は経過を見てから、と。

熱も出て大きく腫れているのでそれらのために皮下注射、
そして水も飲めていないので点滴を受けて帰ってきた。


流動食?

ヨーグルト、カリカリをお湯でトロトロにした物、
猫缶にお湯を加えてフードプロセッサーにかけた物、そして水。

4つのお皿を並べてホレホレ、と勧めてもヨーグルトを一舐めしただけ。

困ったなぁ、どうしたら良いかなぁ・・・


何の事はない!
一眠りしたらドライフードをカリカリカリ。
(量は半分だけど)

よっしゃー!!
骨に異常なしだね!

熱も下がり腫れもだいぶ引いてきた。

このまますんなり回復してくれますように。


プロパガンダ

NHKの朝ドラも戦後編に入ったけれど、
戦時中の内務省場面ではたくさんの標語が張られていた。

町内会のバケツリレーはおなじみの戦中のシーンだけれど
『焼夷弾 恐れるに足らず』
と焼夷弾の軽視を徹底したために
全国数百万人の方たちが亡くなられた。

私の母方の祖父母もその内に入るけれど
戦争プロパガンダに躍らされ
逃げ遅れた方たちも多いのでは?

祖父母宅のすぐご近所さんで、
家族全員助かった方の手記を読み、
つくづくその明暗の別れに胸が痛い。


きの子


原発もその安全性を徹底して推し進めた結果の大事故、
それらの広報を担ってきた巨大広告代理店、
そのプロパガンダの歴史がよく分かる。

大事故で崩壊したはずのプロパガンダは
またぞろ息を吹き返してきた。

『安全』から『安心』へいつの間にか事故の矮小化が進み
事故そのものが終息したかのような風潮になってしまっている。

最近避難指示が解除された南相馬市の地区で
若い人たちは帰還を拒否している。

場所によっては庭の線量が2μ㏜を示す状態での解除に
異論が出るのは当然、
事故はまだ終わっていない。


福島第一の事故処理も
メルトダウンした燃料の取り出しが不可能なのか?
石棺方式も視野に入れだした。

収束作業に携わってくれている作業員さん達には感謝するけれど
『石棺』では廃炉できないし、
固定化される。と地元が反発するのも無理は無い。

終息には程遠いのに安心論ばかりが語られ、
再稼働が推し進められる。

福島の事故が教訓にならず、
自民党ばかりか電機労連に頼っている民進党にも
信が置けない政治状況では
世の習いとして風潮に流されるしかない無念さ。

原発に頼らない未来はますます遠のいてしまいそうだ。


一票の格差

今年も来ました


きの子


大阪の姉からのマンゴー!

それに


きの子


頂き物の大玉スイカもまだ半分残っているし、
嬉しい果物三昧の日々が続く。


次郎はスイカが大好きで、
寝ていてもスイカの匂いで飛び起きてくる。

シャクシャク、シャクシャク、
食べている姿は本当に幸せそう。

明日もお八つに食べようね。



参議院選挙が終わったら即
『一票の格差は違憲』と国は提訴された。

10減10増の今回の選挙、
合区となった地区の一つ徳島県と高知県では
県境をまたぐ候補者も戸惑っていたし、
有権者の方もなじみのない候補者に
選挙自体への興味をなくしてしまったようで、
高知県では無効票が大量に出たとか。

提訴した弁護士の方たちは、
人口の少ない地方の人達が
国会へ県の代表を送ることすら許すことが出来ないのだろうか?

数の論理がまかり通れば
都会の主張ばかりが取り上げられ、
地方との差がますます広がることになってしまいそう。

こちらの格差の方が恐ろしいと思うのだけれど。


それならいっその事、比例代表の方の定員を減らしてはどうだろうか?

人口が多かろうが少なかろうが、
県は県としての尊厳を保てなければね。

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。