スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗虫再び

2010-10-25栗 005
 (栗虫)


栗虫はゾウムシの幼虫で栗農家にとってはやっかいな害虫。

でも、この栗を譲って下さった浅野与五右衛門さんが、
つくばの森林総合研究所で栗虫について尋ねたら、
とっても良質な蛋白質なのでリス達にとっては最高の活力源になるだろう、
と教えられたそうだ。

今年、この栗虫の採取にリスの飼い主さんたちが苦労していらっしゃる。

元を糺せば今年の日照りのせいなのだけれど、
虫の出がとっても少ないらしい。

私も合計100キロほど譲ってもらったのだけれど、
それでやっと1万匹という効率の悪さだった。

この一万匹で今年は終わり、と思っていたけれど、
日本リス界(?)の危機、もう少し頑張ってみることに。


10-11-01 008


とは言っても栗はもう手に入らないのでどんぐりを掻き集めている。

どんぐりも凶作で例年に比べるとその実りはとっても少ないし、
粒も小さ目だから、出てくる栗虫ならぬどんぐり虫もそれなりに小さい。

それでも数が纏まれば少しは役に立つかな?
さあ、たくさん出ておいで。






スポンサーサイト

栗を半分に

栗虫はほぼ出尽くしたかな?

採取を依頼された4000匹を送った後も
勢い良く出てきていたけれど、
ここ2日でなかなか集まらないようになって来た。


2010-10-25 006


そこで古くなった栗をどっさり捨てたら、
栗だらけだった部屋が半分空いてすっきりした。

ここに写っている分も、今日、明日には片付けるつもり。


2010-10-25 012


スバルには栗臭い部屋で1ヶ月近く寝てもらったけれど、
もうお仕舞いにするからね。

我慢させてゴメンね。そしてアリガトね。




img009_20101026072748.jpg


栗虫の送り先Aさんから素敵なカードが届いた!
お役に立てると嬉しいな。



どんぐり異変

今年はいつも聞きなれた秋の音がしない。

今の時期、どんぐりがカンカンコロコロ、と
夜中に目が覚めるほど賑やかな音を立てて降り注いでいたものが、
ホント、気持ち悪いほど静かな秋になったしまった。

夏の暑さに耐え切れなかったのか形にもなっていない段階で
どっさり落ちてしまったので予測はついていたけれど、
それにしてもここまで極端な不作に驚いている。

さぁ、困った、
栗虫採取を請け負ったのに。



2010-10-01 027


あわてて与五右衛門農園のB級品を購入。


2010-10-03 012


臨戦態勢が整った。
(もう少し増える予定)

まだまだ1日に20匹程度のゆっくりした誕生だけれど、
最盛期には1日に100匹以上生まれるはず。

さぁ、何匹採れるだろう?
たくさん生まれておいで。



わらしべならぬドングリが・・・

昨日の晩御飯に頂いたのは、宮崎の
鶏炭火焼!


IMGP1905.jpg


ラッキーなちゅら子ちゃんから送って頂きましたぁ。

すっきりしたコショウ風味でウマッ!
ご馳走様でした。

日向夏のピューレもヨーグルトにぴったり。
(ここでも知事さん活躍中、ご苦労さんです。)



ちゅら子ちゃんは昨秋採取した栗虫の
プレゼント企画で2等賞に当選したシマリスちゃん。

ちなみに見事1等賞に輝いたのは
すすけ君でキタリスさん。


kurikuri.jpg


みんな元気に春を迎えてね。





ワクワクの抽選会の様子をどうぞ。

http://ameblo.jp/hyoutasennsei/entry-10443254226.html


マロさん、マロ夫さんご面倒をお掛けしました。




ドングリ三昧の日々

栗虫は唯今1300匹。

活躍中のドングリ達


IMGP1288.jpg


マテバシイとスダジイ
スダジイは小さすぎて役に立たない。


IMGP1290.jpg


ウバメガシとシラカシ
シラカシからも結構大きな虫が出るのだけれど
1個から1匹しか出てこないし
しかも虫がついていない物も多くて効率が悪い。


IMGP1293.jpg


栗とクヌギ
効率は良いのだけれど時期が遅く補充が出来ない


IMGP1297.jpg


ウラジロガシだと思うのだけれど
それにしてはずんぐりしている。

クヌギとこのウラジロガシ(?)が
一番大きな虫を効率良く採れるのだが
我が家の物はもう終わりになってしまった。

さて、後何匹採れるのだろうか?

取り合えず2000匹(半年分?)を目指してみよう。







カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。