スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つの地震?

今日も日中は初夏の陽気で


きの子


スバルもなかなか家に入りたがらないが、
東日本大地震の時は、いくらこの場所に連れ出しても
「家の方が良い!」と大揺れの中家の中で過ごしたものだった。

熊本のみなさんは家に帰りたくても帰れない
そうした不安と不便の中、三日目の晩を過ごされている。

熊本、阿蘇、大分と連鎖した地震はなかなか鎮まらない。



最近NHKのブラタモリで2回に亘り熊本が紹介された。

1回目は熊本城と街作りについて。

誇らしく紹介された熊本城が、石垣が、
今無残な姿をさらしていて、その痛ましさに目を背けたくなる。

2回目は『火の国は水の国』として
豊富に湧き出す水と過去4回の大火砕流との関係が語られた。

その大火砕流を起こした阿蘇山が噴火した。

気象庁は、小規模で地震との関係は分からない、と言っているが、
本当に大丈夫なのだろうか?


同じくブラタモリの富士山編で説明に同行した
静岡大学の火山学者小山先生は、今回の地震について
四百年前の慶長大地震の再来を危惧されている。

慶長大地震とは、
1596年豊後地震、翌日伏見地震、
四日後伊予地震でいずれもマグニチュード推定7

今回の地震の連鎖は北東方向大分にまで伸び、
中央構造帯に至っていることから
さらに北東に連動するのでは?と。

としたら次は愛媛地震か?


それにしても震度5弱以上がすでに13回、
有感地震は400回近く、と東日本大地震以上に揺れている。

震源の深さがあまりにも浅すぎて
まだまだ恐怖の時間が続きそうだ。

被害にあわれた皆さんに一日も早く平穏が訪れますように。

豊後水道を越えて連動しませんように。


スポンサーサイト

活断層の怖さ

昨夜風呂から上がるとふく郎氏はテレ東の番組を見ていた。

何やら字幕が出ていてよくよく見ると熊本で震度7、と!
何を呑気にテレ東を見ているのやら。

すぐにチャンネルを回すと3,11の忌まわしい記憶が
甦ってくる。

被災された皆様に一日も早く平穏な日々が戻りますように。


きの子


夜が明けると被害の大きさがよりはっきりしてきた。

活断層が南北にずれたとの事で、
鎮まらない余震の震源はその断層に見事に集中している。

しかも震源の深さがたった10キロ程度!
それが直下で動けばその恐怖は如何ばかりだろう?

それにしても地震の度に原発情報が流されるこの現実、
活断層だらけの日本で原発を稼働させる恐怖は
終わりにしてもらいたいものだ。


そして地震予報の週刊JESEAは
この熊本地震を予測出来なかった。

いくら局地的だったとは言え
何の変動も捉えられないのでは購読の意味が無いし、
もう購読解除しようかな?


きの子


今日は汗ばむほどの陽気だったけれど、
それでも夜は冷え込むことだろう。

どうぞ避難中の皆様が体調を崩されませんように。

JESEA地震予測

3,11の大震災を経験してからと言うもの、
世の中にはありとあらゆる地震予知が満ち溢れている。

神のお告げを聞いた、幻を見た、霊感がある等々のスピリチュア系、
めまい、耳鳴り、頭痛等々の体感系、
地震だけでなく噴火まで含めれば的中率アップは間違いなし。

地殻変動期の日本では毎日どこかが揺れているし、
噴火も多いしでもう言ったもん勝ち。

発生場所、震度を正確に予報できれば
耳を傾けるかもしれないけど、ただ、起きる起きるだけでは・・・
今のところやはり科学的観測に勝るものは無いようだ。


きの子


普通ブログ閲覧は無料が当たり前なのに、
このJESEAは有料ブログ。

たくさんの観測地点で上下の歪、
水平方向の変動などから予測地点を割り出している。

先日の東京震度5地震もピッタリ当たって
ますます目が離せない。


本当なら気象庁が予測発表するのが
妥当だと思うけれど、
人心を惑わす、などで支障があるのかな?

○○地震の発生確率は××年の間に何十%、
こんな漠然とした予測では直近の地震などに備えようがない。

2011年3月11日の前、3月9日にも大きく揺れたけれど、
この地震の後も地殻の崩壊が続いていた。

そうした事を後から聞いてもそれこそ後の祭り、
注意深く観測していた、では手遅れなのだから
早めの注意躍起ぐらい出来なかったものか?

官公庁では外れた時のバッシングから
及び腰になるのかも知れないけれど、
その点民間会社は強い。

外れたらごめんね。で許されるのだから。

一応要警戒、要注意と指摘されるので
心構えだけでも出来るものね。

勿論地殻の変動が収まってくれるのが一番だけど。


トラウマ

2011年3月の放射能プルームは3月15日と
3月21日と2度通過した。

その結果、19日には全県で葉物などが出荷停止になったのだけれど、


きの子


汚染は北部だけと思っていたから
こちらは県北部の巻き添えになっただけ、
とのおバカな認識しかなかった。

だからほうれん草農家から運び込まれるままに
処分に協力してどれだけ食べた事だろう。

県北どころかこちら南部の方が酷かったと知ったのは
5月になってからだった。

本当に本当に、どれだけ間抜けだったことか。

それ以来葉物野菜を買う事が出来ない。

もう大丈夫と頭では分かっているのに
それでも野菜売り場の前では手が止まってしまう。

時たま頂く分は食べてるのだけれど・・・



きの子


随分春めいて来たけれど、曇り空で少し肌寒いと
寄り添ったり離れたり、お互い同じ場所で昼寝をしている。

でも相変わらずスバルの方が生意気。

小競り合いをするのなら離れていればいいのに、と。


4年目に

大震災から4年目、
あの日は今日に比べて風も無く暖かかった。


きの子


直前までパソコンを使っていたけれど
何を見ていたのかはよく思い出せない。

揺れが大きくなり避難しようとしても次郎のロープは外、
ロープ無しで離すとパニックで我を忘れるかもしれず、
ロープロープ、とどうにか外へ出た所にグシ瓦が崩れて来た。

本当に危機一髪!
それなのにせっかく外にいたスバルが
私達と入れ替わりに家に飛び込んだ。

連れ出しても連れ出しても家がいい、
と、大揺れの中平気で昼寝し、お腹がすくと
「ごはん~」と私を呼びつける豪胆さ。

それでも次郎はずうっと震え通しだったし、
スバルまで怯えていたら私は大変だったかも。


きの子


停電でPC,テレビは役に立たず、携帯も繋がらない。

頼みのモバイルパソコンも繋がらず、状況が全然分からなかった。

非常時に使えないモバイルパソコンは無用の長物、
契約期限を待って即解約した。

当時twitterだけは繋がったとの事、
登録しておけば原発事故の事など
もっと情報を得ることが出来たのに、
何も知らず、唯、我が家とご近所の被害だけが全てだった。

地震の被害だけだったなら、4年も経った今頃は復興も成っていたかも。

津波、更に原発事故。

どう考えても原発事故は余計な人災、
それでも再稼働とは、施政者、電力業界の魂胆が良く分からない。

福島第一の事故だけで兆のつく税金をつぎ込んで
それでも先が見えない。

多寡が発電だけで国を滅ぼされては堪らない。

もう、自然エネルギーにシフトチェンジしてもイイのではないのかな?


カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。