スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移ろう心

今日は役員さん達が集まって灌漑用池の草刈りで、


きの子


私は例のごとく記録用写真の撮影に。


きの子


普段は人が入らない場所なので、
まぁ、昆虫類の多い事!



書記の仕事が終わってから
次は公会堂の掃除に。

3人一組の当番なのにあらまぁ、後の人が来ない。

電話しても留守、
たった一人で掃除する羽目に。

雨は降ってるし、外回りはナシ!
と適当に終わらせた。



今日は国会前で安保法案反対の集会があり、
12万人が集まったと言う。

つい最近まで、国会前には
原発再稼働反対の集会が続いていた。

それなのに、実際川内原発が再稼動されると、
あら?川内原発どころか、
原発再稼働反対の声もすっかり消えてしまい、
安保法案反対の声一色になってしまった。

何とまぁ、人の心の移ろいやすい事よ。


衆議院本会議で可決され
参議院に送られたこの法案、
60日ルールは9月14日に適用可能になり、
もう既にその準備が始まったらしい。


大集会と言えば2012年6月29日の
原発反対の集会を思い出す。

車道にまで溢れた人々の姿に、
『原発に頼らない未来』の希望を託したのに・・・
結局唯のスケジュールデモで終わり、
以後原発推進派の方がスケジュールの通り
着々と再稼動を進め、川内原発は最大出力に達してしまった。


9月14日以後、本案成立となった時、
今日、国会を取り巻いた人達はそれでも
反対運動を変わりなく続けるだろうか?
本当に廃案まで抗議をし続けるだろうか?

国会解散、総選挙で与野党逆転、
そこまで追い込んで欲しいなぁ。


スポンサーサイト

原発の再稼働

涼しいを通り越して寒さで目が覚めた朝、
ぐずぐずしている内に雨になってしまった。

ふく郎氏が動かないので仕方ない、
「次郎、行くよ!」


きの子


マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
小さな花が可愛い。


きの子


こちらも同じ蔓草で花の大きさも変わらないのに
名前は気の毒なへクソカヅラ。



最近、集団的自衛権反対の運動が盛んで
反原発を謳っていた人たちも何やら
そちらの方へなびいてしまっている。

官邸前の反原発集会で、新左翼的な物(反代々木的な)を
徹底的に排除していた人が(人達)が
今やSEALDsで同じことをしている。

志位るずと揶揄される原因かな?
それにしても英語ばかりのプラカードや
安倍死ね、安倍はヒットラーだ、独裁者だ・・・
外国受けを狙っているのだろうか?

それはそうと首都圏反原発連合は解散してしまったの?



人々の思いの移ろいやすさを
大いに喜んでいる存在は着々と事を進めている。

愚か者たちの川内原発「再稼働」全舞台裏 | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]
(どうぞクリックを)


‘11年3月、日本全体が原発事故の重大さと飛散する放射能に恐れおののき、国民の大半が「原子力がクリーンで安全なエネルギーだ」というウソに気付いたはずだった。

・・・・・。

苦しみや悲しみを忘れてしまいたいと思うのは人の性かもしれない。だが、それを見越して「どうせすぐ忘れる」とタカを括り、見かけだけは頭を低くしてきた原子力ムラの人々によって、原発は動きだしてしまった。

・・・・・。

4年前に誰もが恐怖した、「日本が滅びるかもしれない」という感覚。70年前の戦争と同様、それだけは忘れてはならないのではないか。


— 愚か者たちの川内原発「再稼働」全舞台裏 「日本が滅びるかも…」あの恐怖を忘れていいのか -



福島県以外は被害が無いものと
見事に県境で線引きされてしまった。

福島以外の汚染地も
『風評被害だ』と言い募り、
東電、行政の連携の見事さに
今ではもうつけ入る隙さえ見いだせない。

個人の非力さから唯々無力感に打ちのめされている間に
まるで何事も無かったかのような
原子力村の巻き返しとその勝ち誇りよう。

集団的自衛権反対云々のムーブメントが
結局彼らを利しているのではないか?

10年、20年後、これらが歴史となった時に
はっきり見えて来る事なのかも知れない。


猛暑のつけ

天気予報に裏切られてばかり。

午前中雨の予報で心待ちにしていたのに
相変わらずの晴天に。


きの子
(ナナフシ)


外出しようと玄関の鍵を掛けた所で
今月の電気の検針票を渡され、
思わず「高い!」と言ってしまった。

もうここ10年以上、
月毎の使用量はほぼ変わらずに来たのに、
8月の使用料としては最高額、
7千円以上高くなっている。

例年と比べての心当たりはこのところの猛暑で
エアコン2台をフル稼働させたことぐらい。

それだって多寡だか1週間ぐらいのものなのに、
恐るべしエアコンの電気消費量!


きの子


幸い猛暑日は過ぎた事だし
次郎には紐付きになって貰って
網戸で風を入れることに。

次郎が破らなかったらいつでも網戸に出来るのに、
ホントにもうメンドクサイワ。


きの子


スバルは私のベッドの真ん中でデロ~ン、
これまた追い出すのがメンドクサイワ。



明日11日午前中に川内原発が再稼働する。

原発に頼らない未来志向はどうなるの?

原発無しで電気料金が高くなると言うなら
な、七千円ぐらい耐えますとも。

ちょっとびっくりしたけど、懐も痛むけど、
再稼動ハンターイ!


もう7月

新幹線の車内で焼身自殺すると言う
衝撃的な出来事があり、
これはもう周りを巻き込んだ自爆テロとしか言いようがない。

新幹線開業から50年、
危険物を持ち込む人などいないと言う前提で
運用して来たのに・・・

これから模倣犯が出ませんように。


小笠原近海地震が今日もまたあり、
マグニチュードの割に震度は小さい。

また震度が深いのだろうか?

今までもこの地域の震度はいつも深いらしいけれど、
今年5月30日のは682キロと言う記録的な深さで
日本全国万遍なく揺れた。

そして箱根の大涌谷が小規模ながら噴火した。

この噴火は鎌倉時代以来と言うこれまた気になる状況、
せめてこのまま終息して大規模噴火にはなりませんように。

小笠原諸島、西島の噴火はまだまだ島が拡大していて、
地震、大涌谷噴火とそれらは地図上では一直線、
日本列島が活動期に入ったと言う事だろうか?


御嶽山、口永良部、桜島、新燃岳、浅間山、
そして蔵王も観測が強化されている。

地震に噴火に、こんなに危うい日本で
何も原発の再稼働を急がなくても良いだろうに。

福島第一の検証もまだ終わっていないのに、
何で急ぐのだろう?



きの子


今日は一日中曇り空で草刈り日和だったけれど、
たくさんのネジバナはまだまだ花盛り。

結実して種がこぼれる前に刈ってしまうと
せっかくの群落が消えてしまう。

という理屈で今日もまた何もしないで
グダグダの一日に。

何にもしないでグータラしながら、今年も半分終わってしまった。



逃げ道が無い

原子力規制委員会の新基準審査に合格した伊方原発、


きの子


伊方原発が立地する佐田三崎半島は
本当に細長い半島で、国道は1本しか通っていない。

それも私が子供の頃はイクナ酷道と呼ばれていた197号線、
半島の村々へは連絡船で行き交っていた。


私の小学生の頃、二番目の姉と一緒に
そうした海辺の村に集金に行かされたことがあった。

ポンポン蒸気(焼玉エンジン)の連絡船に
延々と乗っていたように思っていたけれど
覚えていた地名と、海辺の村なのに、子供達は海で泳がず、
沼のような場所で泳いでいた事が不思議で
その2つの事を手掛かりにグーグルマップで探してみた。

あら?意外に近い。

連絡船は複雑な地形の半島に突き出ている
たくさんの鼻を経巡るしかなく、
更に海辺の村々に立ち寄っていたから随分時間が掛かったのか。


伊方原発の威力はイクナ国道が美しい道路になり、
何より半島全部が伊方町に併合されてしまっている。


いくら便利になったとは言え、一旦事が起こると
原発より先の半島は孤立してしまい、避難は船しかない。

避難計画は一体どうなっているのだろう?

地元愛媛でも再稼働反対の意見が多いらしい。

遠く離れてしまったけれどいつまでも
穏やかな地域のままでありますように。


カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。