スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海第二原発

茨城県東海村に国内最初の原発が建設された。

それは『誇らしい』事で記念切手になり、
県歌にも「世紀を拓く原子の灯」と歌われている。

記念切手になった原子炉は1965年から1998年まで稼働して
今はもう廃炉になっている。


きの子


今問題なのが第二原発でとうとう安全審査を申請したようだ。


1999年に事故を起こしたJCOは住友金属の子会社で
東海第二は日本原子力発電株式会社、通称原電、
元の動燃であり立派な国の機構だった。

原子力ムラ、の話になるとほぼ最初にこの動燃が出てくる。

機構をあげての選挙介入があからさまで、
茨城から大臣を出したのも彼らの野望の実現であり、
今も東海村議会に当然動燃系議員を送り込んでいる。


きの子
(バルーンフェスティバル会場から)


東海第二の30キロ圏には100万人が居住し、
東京都心まで110キロ、東京に一番近い原発がここ。

建設から35年経ち3,11の津波被害でよもや、
の事態になったのに、諦めない。

100万人の緊急避難は当然無理。

今日の朝日新聞報道で東電第一原発では
3月15日に職員の9割が所長命令に反して
職場離脱したとの事。

現業者が逃げ出すような過酷事故に
住民避難がうまくいくわけがない。

規制庁も許可を出しませんように。

スポンサーサイト

集団的自衛権

今朝の朝日新聞の一面トップは
『中間貯蔵用地 高く買収』と。

今30キロ圏内などからの避難者への補償が
余りにも莫大過ぎて実際政府は困っているらしい。

早く原状回復出来れば、と単純に思っていたけれど
『30キロ利権』と言う、裏には何やらヤヤコシイ事情があるようで、
避難者の間にも分断があるようだ。

大熊町、双葉町に中間貯蔵所を建設するに当たり
その土地を高く買い取るにもそのややこしい裏事情が関係し、
借地保証料を延々払い続けるより
大盤振る舞いで高く土地を買い上げる方が安上がりなのだとか。

知ればちょっと悲しい裏事情、
何もかにも原発事故そのものが原因なのだけれど。


先日安倍総理は『集団的自衛権』について大演説をぶったけれど、
邦人保護などと言うのは昔からの常套句、
どんどん拡大解釈されて徴兵制にまで行きつくのは
歴史を見れば理の当然、現行法を
巧く運用してくれることを願っている。

それなのに中国政府が
憲法9条を守るように。といらぬ口出しをしてくると
えっ?とかえって身構えてしまう。

あからさまな覇権主義を毎日映像で見せられているので
改正論者を勢いつかせてしまうではないか。

今抑圧の憂き目にあっている新疆ウイグル自治区出身の
方が示された地図。


きの子


中国のミサイルは日本の原発に照準を合わせていると。

東電事故が原発破壊の有効性を教えてしまった。

集団的自衛権を云々する前にまず原発を無くすのが先ではないの?

それとも日本も核武装をするために転用目的で
原発を手放せないとしたらそれもまた恐ろしい。

いずれにしても戦争の憂き目を見ませんように。

お役所仕事

今日のお仕事


きの子


役所が道路の除雪をして行ったその仕事っぷり、
我が家の入り口前に雪を寄せて行くとは何事ゾ!

苦情の電話の一つも入れたい所をぐっと我慢して


きの子


どうせふく郎氏はすぐに戦線離脱するだろうから充てにもせず
午前午後、一人で頑張ったけど車庫まではまだまだ遠く、
ギブアップ。

体中が痛い。

明日は身体が動かないかも知れない。



きの子


庭木は至る所で折れている。

これらの片付けはせめてふく郎氏にやって貰おう。


朝日新聞デジタル版の記事
『ワンイシュー空転 原発なじまず、薄れた新鮮味 都知事選』

ワンイシュー、以前の郵政選挙のような単一争点を問う選挙の失敗について。

この記事の中に 
『1月31日夜、細川氏とともに国会正門前に駆けつけ、「原発ゼロ集会」に飛び入り参加した。演説の機会を待っていたが、「原発ゼロ」で競合する宇都宮健児氏(67)が先にマイクを握った。』

ここには書かれていないけれど二人への野次が酷くて
結局話すことも出来なかったらしい。


2012年6月29日、官邸前は多くの人が集まって解放区となった。

今までもこの事には何度か触れているが、
イデオロギー抜きで原発不要の熱い思いから集まった群衆を
主催者は機動隊と一緒になって強制的に解散させ、
新左翼を徹底的に排除したその後の集会に、
にこやかに志位委員長が登場し
それがすんなり受け入れられた時に
脱原発はもう無理とその時思い知った。

過去に原水禁と原水協に分裂させた彼らに何も期待しない。

案の定、細川氏たちを野次攻めにする狭量さ、
原発0の思いを共有するつもりもないようだ。


ワンイシューが受け入れられなかったことで
さぁ、原発再稼働へカウントダウンが始まった。

安倍総理とその一党にどこまで道連れにされるのやら、
先行きが思いやられます。



カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。