スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

96万人の避難計画

茨城県が東海第二原発の過酷事故を想定して
30キロ圏内からの避難計画を発表した。

全国の原発の中でも30キロ圏内の人口が最も多く
96万人も抱えている。


きの子


原発から約30キロ圏内のうち、
約44万人は県内の別の30市町村に、
県内で収容できない約52万人は
福島、栃木、群馬、埼玉、千葉の周辺5県に避難させる。

県内、県外へ96万人も移動させる?
県都の水戸市を空っぽにしてしまう?

そんな不可能な計画を大真面目に発表することに
恥ずかしさは無いのだろうか?

それよりも現実的に35年以上も運用されていて
老朽化が懸念されている東海第二その物を廃炉にすればよろしい。


3,11では津波で電源を喪失して東電第一原発と
同じ轍を踏むところだった。

幸い事なきを得たけれど、福島より東京に近い分
首都圏壊滅のリスクはより大きい。
(東京まで100キロ少々)

東南海地震が連動すればマグニチュードは3,11以上と言われている。

地震が宿命の日本は原発に依存しない
エネルギー政策を構築しない限り、
繁栄は砂上の楼閣、未来に禍根を残してしまいそう。

まず地元の東海第二の再稼働反対、
廃炉になる事を願っている。



今日は立秋、
不思議な事に秋の虫たちが暦通りに鳴き出した。

コオロギ、ミツカドコオロギ、あとカネタタキ?

鶯の繁殖期もそろそろ終わり、
日中残暑が厳しくても夜は秋の気配が濃厚になる。


きの子


月下美人も明日か明後日には開きそう、
蕾がたった3個でちょっと寂しいけれど。


スポンサーサイト
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。