スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富裕層

中国の友人が旅行先のカナダから絵葉書を送ってくれた。


きの子


御夫婦で年に2回は海外旅行を楽しんでいて
5年前には日本にも来たことがある。

最近何かと言われている富裕層いわゆる新興成金とは違い、
共産党政権下で不思議なのだが戦前からの住宅に住み続けている。

農村の地主階級はことごとく処分の対象にされたと聞いていたので
どうして都心の一等地に住み続けられたのか、
文化大革命下どうして無事に過ごせたのか
聞いてみたいことはたくさんあるけれど、
筆談するには難しく、聞けずじまいでいる。

一族の人は日本に何人か留学していたので
その内の一人に少し尋ねたことがある。

やはり共産党に敷地の大部分は没収されたらしい。

話を聞いた子の親世代は農村への下放対象年齢、
おじいさんは戸籍(票)を隠し通して娘さんを守り抜いたらしい。

中国では戸籍票?戸籍簿?は個人が携行して
何事にもそれが必要なのだとか。

日本なら簡単に再発行で片付けられそうな話も
中国では様子が違っていてもっと詳しい話を聞きたかった。

配給など無縁な現在でも都会と農村では戸籍が違い、
簡単に移動できない。

共産党政権下では決して平等ではないのだ。

それらの不満を反日に向かわせられたのではたまったものではないし、
また、それらを理解している中国人も多いと言う事、
中国全体が反日ではないし、
それを冷ややかに眺めている層も確実にいる。


江沢民主席の出現までは日中関係は良好だったのに
党の意向一つで教育内容が変り、政治思想までが変わって行く。

日本も同じように反中国論に振り回されないよう心しておこう。



きの子


今日、次郎とスバルだけで留守番させたら
スバルは私の後追いばかりしている。

何も言わないけれどさびしかった、と言いたいのかも。

寝る前に私の膝の上に乗って来て、さんざん体をなでさせられた。

意外に甘えん坊なのかも?


スポンサーサイト
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。