スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風接近

今年最初の台風が、いきなり関東直撃?
これから雨が強くなりそうだ。


お盆の間は家族が増えてにぎやかに過ごしたんだけれど、
いつもちまちまとした食事なのにいきなり7人分の準備に
もうてんやわんや。

お盆と言う仏教行事が一番苦手だけれど、
まぁこれも浮世の義理、今年も無事終わり、
グダグダな日常に戻りました。



きの子


この本は福島第一からほぼ25キロ圏に住む、
元大学教授の方の手記。
(事故後約半年間のブログ記事纏め)

ドイツでの体験記『チェルノブイリの雲の下で』
の日本版かと思ったら・・・大違いだった。

政府の対応、公式発表の欺瞞、母親たちの不安、
反原発運動とその分断、食品の汚染等々→チェルノブイリの雲の下で

25キロ圏での対応がどうだったのか?
そうした事を知りたいと思ってこの本を購入した。


屋内退避から30キロ圏外への自主避難を促されていることに
大いに不満を述べられる。

福島市や郡山市の中通りに比べて
少々の1マイクロ越えなら線量は充分に低い。

避難によって病人年寄などに、よりストレスが掛かっているではないか!
と2歳のお孫さんの避難さえなさらない。

3月27日になって親類の方が迎えに来て
2歳の子はやっと安全圏に引っ越して行った。

2週間以上も汚染の中で・・・不憫すぎる。


『女たちが』主導して我先に逃げ出した町は
町としての機能が失われ、生活に不便をきたす。

物流、通信は滞り痴ほう症の奥さんの医療にも困る事態となって
怒りは収まらない。

何故に留まって町の再興を図らないのかと。

1㏃たりとも汚染は嫌だ、とは言わないけれど、
事故前に比べて数千倍の汚染に曝されながら
先の見えない進行中の事故に対して
避難は愚かと罵倒する筆者にため息しか出てこない。

小出裕章氏の国会での証言
『現在の日本の法律を厳密に適用するなら』との
前提をあげて「広大な福島の土地を放棄しなければならない。」
これにも怒りに震えながら罵倒する。

いつも筆者夫婦が散歩に行く公園にでも来て
その静かで穏やかな佇まいでも見てみろ!と。

その公園は今では帰還困難地域で立ち入り禁止のはずだけれど・・・


筆者の怒りの矛先が余りにも私のそれとかけ離れていて
到底共有できるはずもなく、
事故後半年の時点での楽観論に的外れ感ばかりな後味の悪さを味わっている。


スポンサーサイト

プロパガンダ

NHKの朝ドラも戦後編に入ったけれど、
戦時中の内務省場面ではたくさんの標語が張られていた。

町内会のバケツリレーはおなじみの戦中のシーンだけれど
『焼夷弾 恐れるに足らず』
と焼夷弾の軽視を徹底したために
全国数百万人の方たちが亡くなられた。

私の母方の祖父母もその内に入るけれど
戦争プロパガンダに躍らされ
逃げ遅れた方たちも多いのでは?

祖父母宅のすぐご近所さんで、
家族全員助かった方の手記を読み、
つくづくその明暗の別れに胸が痛い。


きの子


原発もその安全性を徹底して推し進めた結果の大事故、
それらの広報を担ってきた巨大広告代理店、
そのプロパガンダの歴史がよく分かる。

大事故で崩壊したはずのプロパガンダは
またぞろ息を吹き返してきた。

『安全』から『安心』へいつの間にか事故の矮小化が進み
事故そのものが終息したかのような風潮になってしまっている。

最近避難指示が解除された南相馬市の地区で
若い人たちは帰還を拒否している。

場所によっては庭の線量が2μ㏜を示す状態での解除に
異論が出るのは当然、
事故はまだ終わっていない。


福島第一の事故処理も
メルトダウンした燃料の取り出しが不可能なのか?
石棺方式も視野に入れだした。

収束作業に携わってくれている作業員さん達には感謝するけれど
『石棺』では廃炉できないし、
固定化される。と地元が反発するのも無理は無い。

終息には程遠いのに安心論ばかりが語られ、
再稼働が推し進められる。

福島の事故が教訓にならず、
自民党ばかりか電機労連に頼っている民進党にも
信が置けない政治状況では
世の習いとして風潮に流されるしかない無念さ。

原発に頼らない未来はますます遠のいてしまいそうだ。


出版社の決意

アマゾンでふと思いついて検索してみたら
ふく郎氏の友人、某画家の自叙伝に行きついたので
すぐにポチッとしてしまった。

あまり知らない出版社だけれど


きの子


決意表明にたじろいてしまう。


『愚かな施政者』と指されている安倍首相はついているなぁ。

安保関連法案が可決されて
案の定世の中は少し静かになった。

それでも燻る物は残っていたのに、
二日続けてノーベル賞受賞者が出て
世の中はお祝いムード一色になり
安保関連の報道はすっかり色あせてしまった。

朝から晩までノーベル賞ノーベル賞、
明るいニュースは人々の心にゆとりをもたらしたかな?

ノーベル賞ついでに
『憲法九条に平和賞を』との希望も出ていたけれど、
日本が70年間平和でいられたのは
日米安保で庇護されていたからに他ならない。

世界中に憲法は180以上あるそうだけれど、
その内130程は九条同様戦争放棄を謳っているそうだ。

何も日本の九条だけが特別な物ではないのだから
希望的観測は程々がよろしいようだ。

チベットと言う究極の平和的宗教国家が
いとも簡単に侵略され、その生々しい映像が
今でも強く記憶に残っている。

日本の平和が末永く続く事を願いながら、
近隣諸国との友好的関係が築けられますように。


テレビドラマ

我が家のチャンネル権はふく郎氏が握っている。

と言っても私はテレビが無くても別にいいけれど
ふく郎氏は目が覚めた時から寝るまで
テレビを点けっ放し。

まぁそれでも良いんだけれど、
時代劇好きなのだけにはもう、うんざりしている。

鬼平犯科帳や剣客商売なんて
再放送ばかりで何回同じ物を見れば気が済むのだろう?


剣客商売って年寄りをあからさまに狙っているし。

良い年した爺さんが若い嫁さんをもらい、
剣は無敵の腕前、息子は権力者の娘と結婚。

年寄りの夢ってこんなものなの?
何やらあり得ない設定に
古女房はケッ!なんて思いながら
何度目かの再放送を我慢したりしている。

NHKBSの金曜時代劇は、再放送ではないので
イライラはしないけれど、
原作があるとなると話は別。


きの子


さっさと結末が知りたくて買っては見たものの、
ドラマは原作と大きく違っている。

最近のドラマは1クールがとても短いので
原作を適当に端折らないと
ドラマとして成り立たないのかも知れない。


ドラマ不振と言われているけれど、
確かに最近ドラマは見ていない。

展開が早すぎて、一話逃せば
ストーリーを追えなくなったりするので
視るの止めた、となってしまう。

若い子向けが多過ぎるのも
ふく郎氏のようにBSの古いドラマに逃げたりするのかも。

ドラマばかりでなくバラエティも
各局同じようなものばかりだし、
ニュースもネットの方が早かったりするし、
で、結局テレビつまらな~い、
と文句垂れております。

やっぱり苦手

今、TBSが日曜に『流星ワゴン』と言うドラマをやっていて、
その原作は読んだことが無いのでその本をアマゾンに注文した。

先日同じくドラマ化された『Nのために』が
原作にない人物が出たりしてかなり違っていたので
原作が有るなら一応目を通しておきたかったから。

ついでに


きの子


中国からお嫁に来た月さんの話も。

これはコミック本であっと言う間に読み終わてしまう。

やはり字の少ないコミック本は苦手だなぁ。
(面白かったけど)


あとまだ色々まとめて買った物のうちの一冊


きの子


人との会話が一切出来ない自閉症の方の本で、
短い文章ばかりだけれど、苦労しながら一文字ずつ選び出した言葉が重い。

自閉症と言っても人によって症状は様々で
一括りにできないのは当然だけれど、
それでも奇声を上げて身体の動きも制御出来ない人の
内面を教えて貰えた。

だからと言って全て理解できたとは言い難いが、
彼らも普通の人たちと同じく繊細な心で苦しんでいる事だけはしっかり受け止めようと思う。


カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。