スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広域避難計画

東海第二原発の過酷事故が起きた際の
広域避難計画について、
10月1日に地元の議員さんたちが
県の原子力災害対策課から説明を受けて来られた。

東海第二原発の30キロ圏内には96万人が居住している。

この人数は原発立地県で一番多い人口で、
もしもの時その96万人の内44万人は県内の市町村が受け入れ、
残りの52万人は圏外避難ということになっている。

我が町はひたちなか市の8千人を受け入れるのだとか。

と言っても計画が示されただけで協定などはまだこれからの話、
でも実際受け入れるとなると一体どこへ?と思ってしまう。

そういう事態にならない事が最善なのだけれど、
御嶽山の噴火事故を見るにつけ、
準備を怠らない事に越したことは無い。

更に言えば、日本電源が稼動年数の長い東海第二原発を
さっさと諦めてくれるのが最善、
3,11の時も辛うじて大惨事を回避できただけなのだから。

実際96万人の移動なんて不可能じゃないの?
30キロ圏だけで収まる保障もないし。


東海村には原発の他に事故で死者のでたJCOもあるし、
原子力関連事業所がたくさん集まっている。

やはり県の誇りなのだろうなぁ。



きんつばにするつもりで羊羹にしたのに、
「きんつばいらん、焼餅の方が良い」
とふく郎氏が言うので、


きの子


無理矢理焼餅にしてみた。

熱いので『餡』にしか感じないけれど
冷めたらどんな食感になるのだろう?


今冷めたの食べてみたけど羊羹に戻ってなくて
しっかり『餡』のまま、1個ずつラップして冷凍にしておいた。

スポンサーサイト

大同団結

成田空港が出来た時、ここらは航路に当たらないと言われたらしい。


きの子


ふ~ん?そんな話があったの?
と思えるほど飛行機の数は多い。

時には驚くほど低空飛行する物も。

それでもやっぱり飛行機は青空に映えて良く似合う。


きの子


そして青空の元、赤とんぼがたくさん飛び交っている。

こちらはオスで


きの子


こちらはメス。

アキアカネとナツアカネとの区別はつかないけれど、
これらはナツアカネの方だと思う。

今は夏草に追われず、落ち葉の季節には少し早く、
でもドングリがパラパラ落ち始めているし、
一時の平安でしかないけれど、
な~んにもしないで唯々のんびり。

とは言えのんびりしているのは私だけで、
政治の世界は目まぐるしく動いている。

『東海第二原発の再稼動を止める会』→こちらは、今度の県議会議員選挙に向けて動き出しているし、
また地元の議員さんは『東海第2原発反対議員連盟』
に参加されて活動されている。

取手市議会が
『東海第2原発の再稼働を認めず廃炉とするように求める意見書』
を16対10の賛成多数で可決、
など県内には様々な動きがあるけれど、
小異を捨てて大同につく事は難しいのかなぁ?

手強い日立労組や電力総連に対抗しうる
強力な組織が作れたら、としみじみ感じている。


カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。