スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大き過ぎる野菜

村内の親類が集まってお産見舞いに行って来た。

四世代同居のお宅でお嫁さんはまだ実家暮らし、
なのでお祖母さんひいお祖母さん二人に接待して頂いた。

賑やかに他愛も無い世間話が続くのだけれど、
余りにも長閑な話題が続く。


朝食に飲むジュースの話ではリンゴ、人参、レモン
の組み合わせがとても体に良いと。

でも・・・
頂き物の人参がいかに大きいか、
小さな大根ほどもある巨大さで1本でコップ2杯も採れるって。

アウッ、冷汗が・・・
いつもの年だって規格外の育ち過ぎの野菜は普通だけれど
今年は素直に笑えない。

産地は何処?
もしかしてカリウムの代わりにセシウムを吸収したんじゃないの?



5月30日に町が小中学校の線量を発表してすぐに
たくさんの資料と共に要注意と一番最初に知らせたお宅なのに・・・
汚染マップも改訂版が出る度届けたのに・・・

村一番のお金持ちなので線量計を買うように進言したけれど
購入した気配も無いし、
毎年夏休みは海外旅行が恒例なのに、昨年は国内旅行、
しかも福島方面で危機感は一切ない。


町は相変わらず年間20ミリシーベルト基準で安全を言い、
誰もが「仕方ないね。」と言いつつその安全論に従っている。

低線量被曝に関しては確かに正解が見いだせず安全論危険論が入り乱れ
ネット上では論争が絶えない。

それでも年間1ミリシーベルトを超える地域は即集団疎開を
とすすめられているし、誰もが未体験の事故対応なのだから
危険を見越して対応する方が正論だと思っているので
ついついお節介もしたくなると言うもの。

我が地区は1ミリシーベルトどころか
下手すると5ミリシーベルト超えてしまうのだもの。


危険を言う私はただ一人異邦人的存在、
まぁ元々『ヨソモノ』で発言権は無きに等しいのだけれど
それでも赤ちゃん、幼児は守ってあげたいとやきもきしてしまうのだ。

答えが出るのが数年先、
その時「心配し過ぎたよね」と笑い合えることが理想、
ぜいたくな暮らしより線量計をおひとつどうぞ。
と心の中で呟くだけでおいとましたのだけれど
みんな、もっとお勉強しようぜー!



きの子


こちらのスバルもちっとも学習しない。

自由を求めて脱走し、5,6時間も放蕩し
その挙句、疲れ果てたか眠ってばかり。

トイレを促しても嫌がるし、いい加減ハーネスに当たるのを止めれば?
この分からず屋メ。

それでもやっと11時半になって
「行ってやるぜ、戸開けろや」
で、無事一日が終わったぁ!
お休み。



スポンサーサイト
カレンダー(月別)
12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。