スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らはみんな生きている

手のひらを太陽に、の歌詞に出て来る


P1110563.jpg


アメンボ。

田んぼにも水路にもたくさんいて
一度飛ぶ姿を見てみたいと思っているのに
それは実現していない。

唯、水辺の草の葉の上に飛び乗るのだけは見たことがある。

子供の頃、小さな波紋を起こしておびき寄せるのが面白くて
時間を忘れて遊んだことなど懐かしく、
ついつい見入ってしまう。


きの子


こちらも懐かしい家守。

小指ほどの小さな子が部屋に入って来た時には
トカゲ!とびっくりしたけれど、
良く見たら何十年ぶりかのヤモリだった。

いったいどこから来たのだろう?
夜になったら網戸に張り付いて小さな虫を狩っている。

随分大きくなったものだ。


事故以来、雀が少なくなった、
蜂がいなくなった、○○が、××が・・・
そうしたうわさを聞く度に胸が痛み、
喧しい蝉の声にも寛大になってしまった。


コオロギ、鈴虫、クサヒバリ、
秋の虫がにぎやかな夜、暑い夏も終わりに近づいた。

明日は神戸からのお客さんをお迎えして
その歓迎会をささやかながら開くことになっている。

皆さん道に迷わずにお集まりくださいね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。