スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今からでも遅くない

9月23日に放映された『NHK【ETV特集】シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回 ウクライナは訴える」』 
を見て(珍しくNHKが映ったので)
事故当時を記録しておくことの大切さを思っている。

事故後に生まれた子供たちの約80%に慢性疾患が!
(取り上げられていた市の汚染度は福島市と同程度?
福島の子供たちを早く避難させて!)


勿論、福島の子供たちばかりでなく、わが町の子供たちも心配。

事故被害はないとしたい町当局と頑なな町長に
訴える有効な方法はないものだろうか?


きの子


東京都は詳しい統計を取っている。

その中の2011年3月、事故当時の実効線量グラフ。

呼気による吸入量は3600ベクレル、
成人の吸入による実効線量は24μSv/hだった!

今はもう何事も無かったかのように
オリンピック誘致を目指しているけれど
当初はヨウ素だけでも1000ベクレル強の
プルームに襲われていたのだ。

東京に比べ格段に酷く汚された首都圏ホットスポット、
国の研究所が集まるつくば市や、
東大のキャンパスのある柏市にはデータがあるように、


きの子


わが町にも県立医療大学のデータがある。

それなのに、大学から町長へのアドバイザーは
健康に影響を及ぼさない。危険はない。
としっかり安全論を吹き込んでしまった。

詳しいデータがあるはずなのだから
核種分析までやっているかどうかは分からないが、
せめて積算量、実効線量の統計を出してくれないものだろうか?

チェルノブイリは事故後4年目から健康被害が顕著になっている。

もう事故から1年半が経った。

1日でも早く何らかの対策が取られますように。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。