スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬支度

急に秋らしい涼しさがやって来たので
買い物ついでに次郎とスバルに新しい布団を。

と言っても唯の長座布団だけれど。


きの子


これはスバル用で次郎には色違いを用意した。

次郎はどちらも気に入ったのに、
スバルは


きの子


古布団の方が良いらしい。

スバルは意外と頑固なところがあって、
あまり変化を好まない。

まぁ、その内慣れるでしょう。



昨日の記事に頂いた拍手コメントに関して。

汚染状況重点調査地域に指定された各市町村は
市民の計測を支援するためカウンターの貸し出しを行っている。

貸し出しは半日単位とか1日単位が多いけれど、
柏市などは市民の計測隊に積極的に貸し出し、
官民合同で除染に励んでいる。

それなのに、わが町だけは貸し出しを一切拒んでいる。

シンチレーションカウンターは個人で買うには高いし、
貸し出して貰えれば喜ぶ人も多いはずなのに・・・

そもそも事は去年6月、
早川マップの第1版が発表された時、
わが町が0,5μSv/hの線で囲われた事に起因している。

昨年5月末、町発表の数値で唯1か所0,5μSv/hを越えた
学校があった。

但し、町の言い分は測り方を間違っていた、と。

裸地の地上1mで計測するのが決まりなのに、
芝生の上1mで測ったらしい。

その『間違った』たった一つの数値を拾われて、
エイヤッと0,5の線を引かれた、けしからぬ!
と早川教授に抗議文を送り、
それでも今もって無視され続けている。

芝生の上(草地)は放射性物質が移動しないので
当初の汚染をよく表している、とマップ制作者は言い、
町は正しい数値ではないと反発し、
それが尾を引いて、ネットに『誤った数値』が
載る事を警戒している。

「何で借りたいのですか?
必要ならどこでも出張して計測します。」

「町の線量マップの元データー?
何で全部を欲しがるのですか?
お住いの近所の分だけで充分じゃないですか?」

町が計測する数値だけが『正しくて』
それ以外の住民計測の値は信用ならぬ、
ましてやそれをネットで公開するなどもっての外、
町が発表する数値は「健康に影響するレベルではありません。」

異議を唱える私達の言葉は通じず、
異議を唱えること自体が由々しき事と思われている。

除染しているではないか?
それは学校や公共の場所のみ。

個人住宅には救済の手は及ばないし、
安全なレベルと言い張っても、濃集は進んでいる。

それに気づかせずに住民を守ろうとしない。

せめて子供達の将来を見据えた政策を願うだけなんです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。