スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切除手術に

昨日は出来なかった全身麻酔での処置を
絶食させて改めてやってもらう事に。


きの子


珍しく右脚を下に寝ている。


きの子


でもこの姿勢も長くは続かない。

寝ているところを起こして、獣医さんに預けて来た。


さて、夕方4時半、迎えに行く時間になったのに、
処置は巧く行かなかったらしい。

簡単に入るけれど何度やってもまたすぐに外れてしまう、と。

9歳と言う年齢を考えるとこれから先
痛みの無い生活をさせませんか?との提案。

骨頭切除、あ~ぁ、脚としての機能を無くすのか・・・

多寡が35センチの段差なのに、
どんな姿勢で飛び降りたのだろう?
震度1にさえならないほどの地震に怯えたばかりに。

可哀想だけれど夜の手術に同意して来た。

連絡が無いので手術は無事に終わったのだろう。



きの子


夕方、迎えに行く時に履いて行こうと思っていた新しい靴、
久しぶりに足にピッタリ、
歩きやすいウエッジソールに出会えて喜んでいたのに、
手術後の迎えになってしまった。

これから先、次郎の生活がどうなるのか想像も出来ないけれど
楽しく暮らせればいいなぁ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。