スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人の俊一氏

朝からお土産に頂いた
マドレーヌ、クッキー、バームクーヘンを頂き、





勿論1個では終わらず更にお茶で頂き、
で、昼食はさすがに入らずじまい。


P1120975.jpg


それなのに妹が送って来てくれた栗鹿の子、
そう言えば今年は栗を食べてないし、
と一缶ペロリ。

ううっ、お腹が減らない状態での
夕食準備はいささか辛い。

その準備中ふとテレビを見ると
原子力規制委員会の田中俊一委員長が何やら記者会見中。

よく分からなかったが安定ヨウ素剤の事を
話していたようで、安易に飲むなと言わなかったか?


二人の俊一氏とは山下俊一氏とこの田中俊一氏の事で
二人ともミスター100ミリシーベルトと呼ばれている。

この田中俊一氏は去年飯館村に行って
ある地区の区長宅の『除染』実験を行った。

大掛かりな作業にも関わらず、
区長宅の線量は大して下がらず、
結果として膨大な量の放射性廃棄物を生み出し、
それらの処理に谷の一つでも潰して中間処理場を作れと提案し、
その詳細な設計図を示した男。

区長宅には今もその時に出た廃棄物が
うず高く積まれブルーシートが掛かったままなのだとか。

そんな氏が規制委員会の委員長になった事に
ビックリ仰天してしまったが・・・

一体何の話をしていたのだろう?
規制委員会のHPに行ってもよく分からなかった。

気になっていたらヨウ素剤配布に待った
副作用に懸念。とネットニュースになっていた。

今年1月の安定ヨウ素剤の予防的服用に関する提言では
ヨウ素被曝の実効線量目安に
50ミリシーベルトの基準が示されている。
(それにしても22ページもだらだらと)

個人所有の線量計ではヨウ素だけ計測することは無理、
個人で判断するな、お上の指示を待て、と言う事だろう。

去年の事故当時実際に服用した三春町では
副作用は確認できなかったはず。

『チェルノブイリの雲の下で』では
著者たちが予防のために薬局で購入したヨウ素剤を服用している。

規制でがんじがらめにしていざとなった時
きちんと命令系統が機能するのだろうか?

去年も福島県下では配布しながら
三春町以外飲み時を逸したのではなかったのか?

今、福島県の子供たちの甲状腺異常が
高率で報告されていて、
もう既に甲状腺癌になった子供も。

何と惨い事、親御さんの悲嘆を思うと
原発再稼働を目論む無神経な政党に
政権を渡してなるものか!

それにしても政党の離合集散の激しい事にため息です。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。