スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利根(水系)の川風

地区の共同作業の日、
書記のふく郎氏の代理で撮影係です。


きの子


地区内にある2か所の溜め池の芦刈り、
凍っています。


きの子


群馬、茨城、埼玉3県にまたがる渡良瀬遊水地の
ヨシ焼きは今年から復活する見込みで、
それで困っている人もいるけれど、こちらは小規模。

今、中国からのPM2,5が話題だけれど、
何でも焼くのが田舎の流儀、誰も気にはしていない。


きの子


かなりの量を燃したので計測用に
冷めたら灰を回収しようと思っていたら、
芦の根を掘り上げる時に灰も一緒になってしまった。

あ~ぁ、濃縮されているのに。

まぁ、言ったところで誰も気にしないけど。


この溜め池は川から水を引き込んでいて、
田を潤おしてから元の川に戻り、
最終的には霞ケ浦に注ぎ込まれる。

河口の底土の汚染が酷いと嘆いているけれど、
川の上流で昔からの習慣通りの事をやっているのだから
川底、湖底、ますます汚染を溜め込んでしまうのも当たり前。

セシウムは水に溶け、水は低い所に流れる。

そして湖は河口堰で堰き止められ水の循環が無く
周辺市町村の水道水になり、工業用水農業用水にするため
唯の水瓶となってしまっている。

広い湖の浚渫など不可能なのだから、
大利根無情では無いけれど、
国県の対応も無くこちらも無情のまま。

事故から2年、ますま事故の件は
風化が進み、もうすっかり事故以前の
日常に戻ってしまっている。


せめて灰なりとも計測して区長さんへの報告を
忘れない様にしよう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。