スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙霧

風が吹きすさんだ一日、
杉の木が霞み、土埃が舞い上がり、
最近よく流される北京市の映像並みに
世の中、赤茶色に染められてしまった。

黄砂ではなく煙霧(えんむ)と言うらしい。

家の建てつけはそう悪くは無いはずなのに、
家の中は薄っすらザラつくし、目が痒い、鼻が痒い。


きの子


スバルの外遊びも今日は禁止。

大いに不満で文句垂れてたけれど、
土埃や花粉を体いっぱいに付けて、
それを持ち帰られたのでは困るものね。


きの子


戸棚の整理をしていたら、
あれ?海苔がこんなに溜まっていた。

捨てるには勿体ないので


きの子


取りあえず3帖分を水で戻してから佃煮に。

こうしておけばふく郎氏も食べてくれるでしょう。


明日、大震災から2年目を迎える。

あの日、七輪に炭を起こし、それで暖を取り、
停電の中、月齢6日の月明かりを頼りに
夕食を済ませたけれど、意外に落ち着いていられた。

津波被害を知らず、原発事故も知らず、
唯、自分たちの身を処すことだけに専念出来ていたから。

次郎の臆病さと、スバルの豪胆さを笑って見ていたのも
今から思うと呑気な話。

あ~あ、原発事故さえなかったら
人生を語る一つのエピソードで終わったものを・・・

原発に故郷を追われた11万人の人たちに、
また、津波被害で仮設住まいを余儀なくされている方達に
安らぎが戻る日が来るのだろうか?

亡くなられた方達の冥福を祈る一日になるでしょう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。