スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い吹き溜まり

煙霧と言うより砂嵐だった昨日、


きの子


収まった今朝には結構な吹き溜まりが出来ていた。


きの子


2011年秋に舗装した前庭は0,1μSv/h前後まで下がって来ている。

その庭に吹き溜まった土、砂、杉の実を計測したら


きの子
きの子


6,171ベクレル!
結構な汚れです。

線量的には


きの子


これぐらい。

いくら待っても0,3μSv/hまで上がらない。

0,2台で6千を超えるのか、あ~ぁ。

風の強い日は土埃を吸わないようにマスクは必携、
小さなお子さんの外遊びも吹き溜まりには要注意です。


きの子


風の中戸締りはしっかりしていたので
室内には影響無し。


事故後2年経ってもまだまだ気を緩めることが出来ない現実、
そしてこうして自分の身の周りの危険に対応するだけで
東北の復興への手助けが出来ないでいる。

岩手、宮城は復興どころか復旧にまで至っていないのに
原発事故が余計だったばかりに、
汚染地に住む私たちは汚染対策を優先してしまい、
また、無事だった西の方は、放射能汚染を理由に、
あらゆる物を拒絶し「絆」を断ち切る事ばかり。

阪神の時は日本中が心を一つにして
復興を応援したはずなのに、
今やもう他人事?風化が進むばかり。

私達は見捨てられてもどうにかやって来たけれど、
津波で全て流された方達が前に進むことすら出来ない現実に
心が重くなるばかり。


復興予算はわが町にも交付されているが、
その使い道の一つが、役場内に来客の案内人を配置した事。

そんな無用な事に使われて無性に腹が立つ。


東北の被災者一人一人に届けられる
予算の使い道であって欲しいものだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。