スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古古米

薄曇りの日でも、さすがに冬が去って
過ごしやすい気温に。


きの子


家に入るのが嫌で昼寝は外だそう。


きの子


井戸水の濃縮も順調に行って


きの子


3/100にまでいったけれど、
さすがにCa分が飽和状態で白濁している。


一日中火の番するのでついでに


きの子


甘酒も作ってみた。

このもち米は2010年産の古古米。

いい加減雀のエサにしても良いレベルの米なのに、
それでもやはり今となっては貴重な米で捨てられずにいる。

いつでも餅米を用意しておくのは
親類にお悔みが出た時にお強を届ける風習があったから。

最近は『行器代』と書いてお金を包むようになったので
古い餅米が残ってしまった。

虫やカビに注意してまだまだ大切に保管しよう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。