スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンゴー来た~

毎年次姉が手配してくれるマンゴーが
今年も届いた。


きの子


梅雨寒の日が続いても、お中元の季節になっていた。


きの子


矮性ヒマワリが咲き、


きの子


クチナシが咲き、
やっぱりお中元の季節なんだなぁ。


去年の6月29日には官邸前に大勢の人が集まって
歩道からあふれた人々で道路は広場と化し、
それはもう革命前夜を思わせる熱気だったのに、
主催者が警察と共に群衆を解散させると言う意外な展開となり
それ以後金曜デモは急速に萎んでしまった。

警察の規制のままに、時間厳守のスケジュールデモ・・・

あの日、9時になったから終了、解散、と
必死に群衆を追い払った警察と主催者、
官邸突入しろとは言わないけれど、
せめてあの場にいた人たちが静かに座り込むなど
不服従の姿勢を示していたら、
少しは世の風潮も変わっていたのでは?

私はあの日がターニングポイントだったと思っている。


以後政府はもうやりたい放題。

今朝の朝日新聞のトップ記事は
被曝量、自己管理を提案、
再除染を認めず。って。

福島での説明会で住民に責任転嫁を図っているとの事。

むごい仕打ちだ。

福島でこうなのだから私たちが何を言っても通じるはずが無い。


弁済する費用が惜しいのなら過酷事故につながる原発など
稼働させなければ良いのに。

規制庁の新しい基準が出て、各電力会社は
再稼働申請の準備をしているらしい。

何故に被害者を切り捨ててまで動かそうとするのだろう。

多寡が電気のために命を担保にさせられる、
経済優先政策の愚かさ。


それにしても1年前のあの日、
政府を揺さぶれたかもしれないあの熱気を
自ら消してしまった反原連、けっして忘れない。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。