スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減衰率

町の計測で4,810ベクレルだった我が家の草木灰、
それを友人がGe検査に出してくださった。


きの子


5,150ベクレル、と町の結果とは少々差があるけれど、
注目はセシウム134と137の比率。

ほぼ1:0,5!

事故当初から134は2年で半減と言われていたけれど
137もわずかながらも減っているだろうし、
雨風にも流されただろうしで
2年目でも1:0,52~0,55ぐらいだった。

それが2年4か月目にしてやっと1:0,5に。

ベクレルでは単純計算して75%まで減って来たと言う事、
区切りのよい数値に事故後2年経ったことを実感です。

勿論水のたまる場所、川の底土など反対に
濃縮が進む場所もあるし、減ったと言っても
依然として元には戻れない高さなのだけどね。


空間の線量率は場所によって違うけれど
半分になった所もあり、また林の中など
変化が見られない場合もある。

特に杉の林は高いままで、町には
立ち入り禁止のロープを張るなりの処置をして貰いたいのに、
やれ、所有関係がどうの、所有者が嫌がるの、
そこで24時間生活しないの、と、色々御託を並べたて、
相変わらず対策を取るつもりはさらさらない。



きの子


2011年夏、私のお腹の不調が始まった頃
次郎も湿疹とか皮膚炎とかも無いのに
10センチ四方ほどごっそり毛が抜けてしまった。

勿論因果関係の証明などしようがないけれど
当初の汚染の酷さでは充分あり得たことと思っている。


きの子


スバルは至って健康だったけど、
これから先も無事でありませんように。

この2年間注意深く生活してきた。

これから先も見捨てられた者として
油断することなく自ら除染に励みます。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。