スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立秋

盛夏お見舞い、と言いたいところなのに
暦の上ではもう立秋、で新月の夜。

虫たちもカレンダーを持っているのか、
コオロギが鳴き始めた。

エンマコオロギ、ミツカドコオロギと
あともう一種類はカマドコオロギかも、
みんな示し合わせて、急ぎ鳴き始めたかな?

これからどんどん鳴き声が増えて
鈴虫が鳴きだす頃にはその喧しさに
風情など吹き飛んで眠れなくなるほどに。

今の時期は早朝4時にヒグラシの合唱で起こされ、
季節の移ろいと共に秋の虫にまた眠りを妨げられる。

これもまた田舎暮らしの定め。


こちらに越して来たばかりの頃
鈴虫の二齢幼虫を一握り貰ったことがある。

脱皮を繰り返す度、どんどん大きくなり
最後には飼育容器が一部屋を占拠してしまった。

先に成虫になって数匹が鳴き始めた時こそ
喜んだものの、全部が揃って一斉に鳴かれると
その音の大きさに辟易してしまい、
結局全部庭に放してしまった。

その鈴虫たちが今も世代を繋いでいると思っている。




きの子


ふく郎氏の同級生が持ってきてくれたスイカ。

暑くて食欲がない、と言いながら
桃やスイカはいくらでも入る。

甘い果物は結構糖分が多いし、一向に痩せる気配がない。


きの子


スバルも痩せない。

隙あらば次郎のエサを狙いがっついている。

そこを離れなさい!


きの子


次郎が鷹揚に食べていいよ。と甘やかすので
スバルはますます調子に乗って好き放題、
少しは兄貴らしく説教して頂戴ね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。