スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都合がよすぎる

町の方々の汚染状況を丁寧に計測されている方がいる。

その方が道路脇の土を私費検査に出したら
2万ベクレルとか1万5千ベクレルの結果が帰って来た。
(ご本人から指摘アリ、20270、10650,10480,9780ベクレルでした。)

2万ベクレルあったのは国道のバイパス。

管轄は国から委託された土木事務所なので
そちらに連絡したら『清掃』と言う結果になった。

他の3検体については当のご本人が役場に連絡し
メールで返事を貰ったものの・・・


きの子
(クリックで大きくなります。)


あれ?この台詞、何度も聞いた事があるよ。

我が家の前の町道は下り勾配なので
側溝蓋に堆積物がたまりやすく、
簡易計測でも高い値が出たので一昨年今年と除染をお願いした。

そして同じセリフ、8千ベクレルは超えていない、
心配するほどの値は出てない、と。

それでも土木課の『清掃』と言う事で綺麗にして貰えた。

ところが今回は『清掃』すらしないようだ。

1万5千ベクレルが半分に?
1万越えが8千以下に、
誤差の範囲を超えていて、余りにもいつも都合がよすぎる。

で、この夏1800ベクレル判定された土壌が残っていたので
100㏄、350㏄、500㏄の3種の方法で計測してみたら


きの子
(クリックで大きくなります。)


どの方法でも4200ベクレル超えている。

町の計測機は正しいのだろうか?
メンテナンスをきちんと受けているのだろうか?


年1ミリシーベルトが20ミリシーベルトまで安全となった今、
ますます除染どころか清掃さえ拒否されてしまうケースが増えそう。

「安全、安全」と声掛けられても、
この事故の影響の行く末など誰も分からないのだから
リスク軽減に何とかしなくてはね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。