スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直談判

12月になったし早く落ち葉を片付けなければ。


きの子


この落ち葉は大きく張り出した我が家の榎の落ち葉なので
頑張って片付けるしかない。

問題なのは


きの子


側溝の蓋の上に溜まる泥。

この場所は緩い坂を下った所で
更に道路にバンクを取っているので流れ下った物が溜まりやすい。

去年今年と土木課で掃除をしてもらったおかげで
随分と線量は下がったけれど、
それでも測れば2000ベクレルは超える。
(去年5月には9千ベクレル越えた。)

これらを袋詰めにしているところに何と、町長さんが登場!

来年2月の町長選を控え、立候補の挨拶に来られたのだとか。

黙って挨拶だけを聞き流せば良いのだろうけれど、
やっぱり一言物申さなければ気がすまない。

今まで散々放射能対策室に追い返されていたことの数々、
「そこは町の管轄ではない。」
「町の権限が及ばない。」
「そこで24時間過ごすわけではない。」
「8千ベクレルは超えていない。」
など様々な口実、そして町長自身が議会で言い放った
「町としてこれ以上やることは無い。」

今までそれらの答弁で悲しく悔しい思いをしてきたこと、
経費が掛かってもせめて町道路肩の清掃をすれば
より汚染が減るだろう、などと不満を口にしてしまった。

「確かにそうですね。早速ここの清掃を手配しましょう。」

あれ?町全体について言ったつもりが
我が家だけの不満ととられたか?

それにしても調子の良い事、
対抗馬の出現で少し焦っているのかな?


夕方、町内の土壌採取をしてくださる方が
検体を持ってきてくださった。

この方も町の対応に悔しい思いをしてきた方で
今もまだ西の方に母子避難をさせている。

二人して「町長落ちろ」と願っているのは確か。


きの子


お土産に頂いたカマボコ、
西日本産と言うだけで安堵してしまう。

ご馳走様でした。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。