スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の息吹

暦では『雨水』を過ぎていた。

『氷雪融化』の季節、でも雪はまだまだ残っている。

そして雪の重みで折れたりたわんだりの木の枝の始末もまだ全部は終わっていない。

もう夫婦二人して飽きるし、疲れてしまうしでそろそろギブアップかな?


きの子


恨めしい雪。

でも気づいたら水仙が芽吹いている。

春の息吹を確かに感じられる一番待ち遠しい季節かも。



きの子


次郎とスバルが身体を寄せ合う姿を見られるのも冬の間だけ、
もう暫くすると尻尾が煩いだの、
足を触るな、だのとペシペシ、ガウガウの
小競り合いが始まってしまう。


きの子


微笑ましいのも今の内、
まぁ、スバルのご機嫌次第で次郎の威厳は
さっぱりないのがちょっと残念。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。