スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘境ブータン

シルバーセンターに頼んだ仕事は
簡単に片付くかと思ったら


きの子


二人掛かりのオーバーな事になってしまった。


きの子


たわんだ枝も切ろうか?でどんどん切られて行き、
一日で終わらず明日に続く。

え~と、え~と・・・
予算は一人一日分のつもりだったので大丈夫か?お財布。



きの子


今日届いた一冊。

むか~しむかし、小学生の頃、
京大や大阪府立大の海外での学術調査が続き、
それらの記録映画を学校から引率されて見に行った。

それらの中で印象深かったのがブータンの映像。

今でこそ震災直後に若きワンチュク国王夫妻が
来日されたりして多くの人も知っているけれど、
当時は誰もブータンを知らなかった。

当時の国王と王妃のにこやかな笑顔は
日本の普通の優しいおじさんとおばさん風で
しかも着物が日本の丹前そっくり。

会場がちょっとざわついて、それでも失礼になるかな?
と皆が口をつぐんでいたのに、
ひょうきんな子はいるもので
「どてら着とるぜ~!」
と、大声で叫んだその一言で映画館が揺れるほどの大爆笑に。



その後毎日新聞社から立派な装丁で
『秘境ブータン』が発行された。

ブータンに強い興味を持ったけれど
その本は子供に買えるはずもなく
その後絶版になったままだった。

その復刻版が出ていることを知って昨日注文した次第。

あれ?おじさんおばさん風と記憶していた
先々代の国王御夫妻はお若いじゃないの!

思い込みによる記憶ってこんなにあやふやだったのか、
脳内の映像と本に載っている写真とが一致せず
ちょっと焦ってしまった。

こちらがそれだけ年を取ってしまったと言う事かな?



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。