スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を削る

エネルギー基本計画が閣議決定され
そこに再稼動が盛り込まれてしまった。

そうなると早い段階で再稼働されそうなのが伊方原発。

今改めて見ると私の生まれ故郷など
事が起これば逃げようもない位置にあり、
宇和島も30キロ圏内にすっぽり入る。

宇和島までは遠いと思っていたけれど
それはリアス式海岸にそって曲がりくねった道を行くからで
実際は思いの外近い。

そして縦横に道路がある関東と違って道路が限られている。

避難計画はどうなっているのだろう?


きの子


富士霊園の満開の桜。

母が生前富士山の眺望を気に入り一区画購入し、
故郷の墓地はお寺に返してお骨は全部こちらに移している。

お墓が無いとなると故郷と縁が切れたようなものだけれど
やはりそこは生まれ育った場所なのだから
原発の脅威からは無縁であって欲しい。


30年前、父の納骨で帰った時、
三崎半島の方へ車でドライブに出かけた。

国道197号線はイクナ国道と言われるほど悪路だったのに、
立派な道になっていて驚いたけれど、
それも皆、伊方原発のお蔭だった。

その時は呑気に伊方原発見学などしたけれど
世の中その原発に悩まされる時代になるとは
その時には思い至らなかった。



東電の原発では今、過酷な作業が続いている。

きの子


労災認定されていない方もいるのでは?


きの子


眩暈を覚えるほどの被ばく状況。

こうして命を削って携わってくださる方達がいて
辛うじて今は不安定ながらも一応の落ち着きを見せている。

それでもベテラン作業員さん達が
許容量を超えて次々と現場を離れ、
新しい作業員さんばかりが多くなって、
仕事に齟齬が出る状況もあるのだとか。

もう、全国にある原発は諦めて、
福島に総力を結集できれば良いのに。

今現在原発0の状況にあって、
電気料金の値上げや増税に耐えているのも
悲劇が2度と起きて欲しくないからだし、
福島の復興が一日も早い事を願っているから。


収束作業がうまくいきますように。


スポンサーサイト
春麗 | HOME | 遅霜
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。