スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい放出量は?

先日の国連科学委員会(UNSCEAR)の報告に関して、

チェルノブイリで放出された放射性物質は14エクサベクレル。
それに比べれば福島の900ペタベクレルなんて、ほんの6.2%。

との書き込みがあった。

この方は東電事故が軽微だった、と言っているのではなく
チェルノブイリ事故が途方もない事故だったと言う事。

放出量が少ないと言っても、それは広島型原爆の24倍であり
チェルノブイリに至っては400倍


チェルノブイリの1/10だとが同等になったとか
書いている人によって様々、実際はどうなのだろうか?


UNSCEARの報告では、
放出量の少なさと、迅速な住民避難など事故後の当局による対応が、事故の影響によるがん発症率の増加を抑えたと評価した。

え~っ?とは思うものの
チェルノブイリの汚染地図が出来たのが4年目で
文部省のそれは半年後。

またチェルノブイリでは4年経ってから
避難命令が出た地域もあり、その間そこの住民は
線量も被曝量も何一つ知らされず捨て置かれていた訳で、
それを思うとUNSCEARの報告もあながち誤りでもないのかな?
と思えてきた。

食品の規制値100㏃にも不満が多いけれど、
検査体制は官だけでなく民間でも監視できているし、
個人やグループによるベクレルモニター所持率は
チェルノブイリの比ではなく、
その経済力の差も危険回避に大きく貢献しているのかな?

但しUNSCEARも子供の甲状腺癌リスクについて否定していない。

やはり子育て世代の苦労は続くわけで
特に福島の子供達への配慮が今以上篤くなりますように。



きの子


庭掃除をしていてもゴム手袋やマスクは本当に邪魔で
素手で落ち葉や草を触り、埃を吸い、
と身体に良いわけがないのだけれど、
最近は疎かになってしまった。


きの子


咲き出したツツジも葉っぱを測ればこれまた
汚染されたままの状態で、
それを考えると興ざめになってしまう。

最近ふく郎氏も聞く耳持たなくなったし、
ましてやご近所さんへは何も言えなくなった。

それでも風の強い日に子供達の登下校を目にすると
気になって仕方がないけれどやはり何も言えない。

せめてマイクロスポットを見つけてだして
そこを優先して除染するしかないなぁ、と。

町も言い訳ばかり言わないで小まめな除染をしてくれればねぇ。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。