スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡茶の知恵者

2011年の原発事故は遠く静岡のお茶にまで影響を及ぼした。

お茶の葉の表面はサラッとしていないで粘液質と言うか
少々ねっとりとしたもので覆われていて、
これが放射性物質をしっかり捕捉したようだ。

製茶で乾燥させるので軒並み当時の規制値500㏃を
越えてしまい出荷出来なくなってしまった。

猿島茶、狭山茶、足柄茶、いずれも出荷出来ず、
一大産業の静岡は大打撃。

でもここに『知恵者』がいた!

曰く、茶葉をそのまま食べる訳ではない、
飲用茶の状態で検査しろ!と。

10g以上の茶葉を、30倍量の重量の熱水(90℃)で60秒間浸出

キロ当たり500㏃越えたとしても10gに単純計算して
規制されるほどの物が出るはずが無い。

何と頭の良い事だろう!

でも我が家は夫婦して朝から晩までお茶しか飲まないので
未だに静岡以北のお茶を敬遠している。


きの子


静岡方式に倣えば柿の葉茶も当然NDになるはずだけれど
念のために50g(計算では3,35㏃)に熱湯を注いでみた。

1時間計測でもNDでした。(下限値2,54㏃)

NDでもやっぱり今年もパス!
来年以降に期待します。


きの子


今、道路脇も藪の中もどこもドクダミの花盛り、
ドクダミを利用するにはこの花の時期が重要なのだけれど
当然利用する気も起きない。

カキドオシもゲンノショウコも生薬になるのに
何とも勿体ない。

あと何年勿体ない勿体ないと言い続けるのだろう?

ご近所さんには「神経質だなぁ」と言われ、
そう言わせる風潮、汚染はもう無くなった事に
されてしまっているのが一番悔しい。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。