スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨寒

梅雨に入った途端大雨が続く。

そしてひんやり肌寒い。


きの子


まだ仕舞っていない電気ストーブ前に陣取り
振り返って私にミャオ!(点けろ)と催促する。

ハイハイ、心行くまでどうぞ。


きの子


で、次郎の方はガスストーブの方は大丈夫なのに
この電気ストーブが苦手。

何か電磁波でも出ているのかな?



DASH村指導者の明雄さんが亡くなった。

享年84歳。

確か彼の本(口述本?)が有った筈、と書庫を探したけれど
震災で崩れ落ちたのをいい加減詰め込んだので
目的の物が見つけられない。


きの子


代わりにこれが出てきた。

読み捨てにする週刊誌並みで、紙質の悪い軽い本、
それが今となっては原発事故で消えた村の
貴重な記憶になってしまった。


明雄さん一家は戦後開拓で浪江町に入植された。

木を伐採する所から始まった生活、
伐採したその木を炭にして売る事だけが
現金収入の道だったそうだ。

畑を拓き田を拓き、営々と築き上げた生活、
その全てを原発に奪い去られた無念さはいかばかりだろうか?

浪江町に隣接した飯館村小宮地区の大久保さんが
同じように戦後開拓の苦労を語られていたが、
原発事故で故郷を同じように追われた方達は10万人、
金銭的な補償があっても、開拓で流した汗への思いは汲み取って貰えない。


あんなに元気だった明雄さんが事故の心労で
気力を無くされたのかな?と考えてしまう。

悠々自適の老後だったはずなのに・・・ご冥福を祈ります。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。