スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの不思議

今日は病院の予約受診の日、
診察時間はホンの2~3分なのに、
待ち時間がとにかく長い。

その診察のために半日仕事になるのは毎度の事で


きの子


暇なのでツバメの観察。

1回目の子育てを終えて2回目の抱卵中らしく
番が交代しながら巣篭りしていた。


我が家もスバルが来るまで毎年お宿を提供していた。

1回に大体4羽が育つが、たまに5羽が孵化した時には
めでたい、と赤飯を炊くお年よりもいた。

ツバメの子育てを見るのは楽しい事だけれど、
青大将を招くのが困り物、
何でツバメの用心棒をするしかないのか!
と何度も泣かされたけれど、
やはり巣立ちの時は嬉しい。

ツバメに言葉があるのかと思うほど、
彼らのコミュニケーション能力は高い。

産卵が終わった、孵化した、その度に
近所中のツバメが集まって大騒ぎする。

どうやって報告するのやら?

なかでも巣立ちの時は一層賑やかで、
近所にこんなにいたのか!と思うほどの数が集まって
囃し立てる中を1羽ずつ巣立って行く。

その大歓迎ぶりを見るだけでこちらも幸せ気分に浸れる。

スバルが来てからその楽しみも無くなったけれど、
どうも最近ツバメの繁殖に異変が起きているらしい。


きの子

こちらのサイトで→ツバメの子育て状況
を調査しているようなので協力できる方は是非どうぞ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。