スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半夏前に

夜中に降った雨も朝には上がり


きの子


雀たちは朝ごはんで忙しそう。




きの子


生協の配達を待って、梅干し作りを始めようと思っていたのに
梅酒にでも使えそうな青い梅が届いた。

この青さでは追熟に暫く時間が掛かってしまい、
夏至を過ぎてしまう。

でもまぁ、慌てることもないし、じっくり待ちましょう。


その点姑は半夏(夏至)前に、といろいろ細かかった。

勿論、姑だけでなく姑世代と言う事だけれど、
何事も暦に忠実で、「ハイ、ハイ」
と聞き流すことが多かった。


きの子


この真竹の筍もそうで、
「半夏過ぎたら食べるんじゃない。」と。

理由らしい理由もなさそうなので、
6月一杯は手を変え品を変えて出し続けたけれど
元々好物らしく出せば食べていた。

それでも毎年時期が来れば
「半夏過ぎたら・・・」と講釈が。

事故後は夏至は関係なく食べられなくなったけれど・・・
今年2度目の食卓へ、
一応下茹でしてから煮ております。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。