スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初成り

西陽避けに植えているゴーヤの初成り。


きの子


成ったは良いけれど、そんなに食べられる物でもないし、
いつも持て余してしまう。


子供の時、明治生まれの祖母は
このニガウリの煮物が大好きで、
引き売りの八百屋さんもそれを心得ていて
頃合を見計らっては祖母に声を掛けてくれていた。

品種改良以前の昔の事、その苦さは格別で、
何でこれが好きなのだろう?と不思議でならなかった。

大人になって苦みも味の内と分かって来ても
祖母の域にはまだまだ達していない。

でも明日にでも祖母を偲んで煮物にしてみよう。



このところ環境省は中間貯蔵所関連で
ニュースになる事が多いが、
今日また、除染目安の変更についてニュースになっていた。

今までは空間線量率0,23μSv/が除染の目安になったいた。

これだって屋外で8時間、屋内で16時間、
しかも屋内の遮蔽率が0,4などと
実際の遮蔽率には程遠い設定だったのに、
今回それを0,3~0,6μSv/hに緩和すると言う。

個人線量計での数値分析では0,6μSv/hでも
年間追加被曝量が1mSv/h以下になったのだとか。

除染の効果が薄い事、再除染には更に経費が掛かる、
避難区域指定で補償金は莫大。

これでますます帰還促進圧力は強くなるだろうし、
同時にそれは政府にとって莫大な経費が節約できると言う事。

福島の切り捨てがさらに進むと同時に、
周辺地域のマイクロスポットなど
「それがどうした?」と今以上に無視されるだろう。

無視されることで保たれる平穏な生活、
0,6μSv/hと言う数値を示すことで、
福島の地にも『平穏な生活』を無理やり押し付ける事になるのだろう。

安全の上に成り立ってこその平穏な生活なのに、
お金の都合によるものなのが見え透いていて
何とも遣り切れない決定のニュースなのでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。