スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国土の荒廃

15日の国道6号線開通について、
『汚染を持って来るな!』
と怒りを表す書き込みが多い。

勿論首都圏の人達。

一方で走行後のタイヤの調査では汚染は思っていたより少なかった、とも。

不要不急時での利用を、と呼びかけても、
トラックなどの利用が多いようだ。

福島県は広い。

昨年飯館村へ行った際は、
常磐道からいわきJCTを経て磐越自動車道を延々走った。

いわきから北へ行くにはこの阿武隈山地を迂回するしかなく、
トラックが時間と燃料の大幅な節約に喜んだことも、
南相馬からいわきに避難している方が開通を心待ちしていたことも良く分かる。

どうせ浜通りは駄目なんだから、
と簡単に書いてあるのを見るのもこれまた辛い。


昨年お世話になった飯館村の宗夫さん達のふくしま再生の会
に多くの賛同者が集まっている。

諦めて補償金で生活することを潔しとせず、
様々な実験や計測を続けて再生への道を模索されている。


きの子


自然は残酷で、人の手が離れるとすぐに荒廃が始まる。

減反で放置された近所の田は半年で蒲の穂に覆われ、芦が茂ってこの有様、
これを見るだけでも福島の帰還困難区域のすさまじい荒廃が想像できる。


広大な国土を失うと言う事態を引き起こした原発事故、
だからと言って、福島は来るな、持って来るなでは
福島を通して宮城以北まで拒絶することになってしまう。

6号線の高汚染か所に接している林を伐採するとか、
散水をマメにするなど低減策はいろいろあるのではないだろうか?

安全な道路作りに頑張ってもらいたい。

勿論収束作業がスムーズに行くことが第一ですけどね。



きの子


彼岸花、蕾だけだった場所も開きだした。

これから毎日花数が増えていくのを楽しみます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。