スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮の・・・

朝のパトロールから帰って来たら


きの子


電気ストーブの前に座ってスイッチ入れてよアピール、
では温まってください。

毎日重い雲が垂れこめて時々小雨もぱらつく。


きの子


明日こそは晴れるかな?




来月10月に福島県知事選挙があって6人が届け出る予定になっている。

その内の一人が前双葉町長の井戸川克隆氏で、


きの子


仮の福島県構想を謳っている。

同じように仮の町構想もあって、
浪江町、大熊町、双葉町、富岡町が、
いわき市に仮の町を作るとの事、
でも何やらトラブルも多そうで前途多難。

いわき市以外ではつくば市に3000人規模の仮の町予定もある。

現在の双葉町からの避難者は公務員宿舎に300人程度で
多くのつくば市民は無関心らしい。

でも一つの自治体の中に3000人ものコミューンを作るとなると
スムーズに認められるだろうか?

必ず揉めると思われる。

双葉町民としてではなく、住民票を移し、
自立した生活を目指すならば歓迎されるはずのものを、
公務員宿舎を占拠し、元の町の連帯に拘り続けるならば
元からの住民に受け入れて貰えないのでは?

そして何より公務員宿舎に3000人も集えること自体が
どんな力の働きで可能なのかそれがちょっと不思議。

事故直後の県外への集団避難も一番早かったしスムーズだったし、
これらはみんな井戸川町長の手腕なの?


その井戸川さん、仮の福島県って一体どこに作ろうとしているのだろうか?

北海道の原野を開拓、と言う時代でもないし、
もう少し現実的な子供達の集団避難、とか
保養制度とかが可能なのでは?

バブルが弾けて大型ホテルなどは閑古鳥が鳴いている状態だし
三方一両得な現実路線は如何だろうか?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。