スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの朝

いつものように薄暗いうちから私の耳元でゴハンコールを繰り返し、
しっかり朝ごはんを食べてからいつものようにお出かけ。


きの子


そしていつものように帰って来るはずが、
どこで一戦交えたか泥だらけで帰って来た。

あ~ぁ、大嫌いなシャンプーだよ。

私だってやりたくない。

暴れ回るのを押さえつけ、浴室中逃げ回るのを追いかけ
爪が出るのを避けつつ、こちらまでぐっしょり濡れてしまう。


きの子


ドライヤーでも同じ事、そんなにジャンプ力あるのか!
と感心するほどの逃げっぷりで


きの子


乾いた頃にはこちらが疲れ果ててしまう。


いつもの事ながらスバルのシャンプーは本当に嫌、
その点、次郎は観念するとおとなしいのでやり易いかな?
但し、その前の「次郎、お風呂。」の一声で
家中逃げ回るけれど。



きの子


午後からふく郎氏の友人が見えて茶飲み話、
私はその間、昼寝させて貰いました。

あ~ぁ、シャンプーは疲れる。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。