スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危うい太陽光発電

分離不安症の次郎は

きの子


昨晩も私の留守の間ひんひん鳴きどおしで
手に負えなかった、とふく郎氏。

「俺の時もそういう事あるのか?」
「い~~え!」


きの子


スバルは鳴いたり後追いしたりはしないけれど
昨晩は私が布団に入ると同時に潜って来て
ピッタリ密着して喉をゴロゴロ、
それがスバルの意思表示の様だ。


きの子


喜怒哀楽は犬の様に表さないけれど、
それなりに慕ってはくれているようだ。



最近、各電力会社は太陽光発電の買い取り拒否を言い出した。

一昨日電車で出かけたのだけれど、
沿線至る所の田や畑が太陽光発電の工事中で
パネルが並んでいるところはまだ少なかった。

これが全部完成してパネルが並んでしまうと
どれほど眩しい事だろう。


我が家が貸した土地もまだ工事中で
完成までまだ時間が掛かりそう。

買い取り拒否になってしまうと
下手したら完成前に倒産なんてあり得るかも?
それほどこの発電事業に参入した企業は多い。

約束された買い取り価格で事業計画しているのに
その目論見が外れるときっと事業体そのものが持ちこたえられないと思う。

何分小さな企業が多すぎるので。

もしかしたら頓挫して元の立派な林が
見る影もない裸地にされた状態で返されるかも?

太陽光発電事業は何とも危うい賭けの様に思えて来た。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。