スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文太さん逝く

玄関を開けると


きの子


鮮やかなモミジが目に入る。

毎年色づき具合が違うし、今年は暖かい日が多かったのでまだ少し早いかもしれない。



きの子


スバルもモミジを見ているの?



きの子


今年もリンゴが届いた。

いつもと違う農園からと言う事で小ぶりな物が40個も入っている。

明日からは暫くジャム作りに励む予定。


今日、菅原文太さんの訃報が流れ、
健さんに続いて一つの時代が終わった事を
しみじみ思い知らされた。

「健さん、待ってましたっ!」と大騒ぎしている
男子ばかりの映画館で、映画を見るより、
男子の興奮ぶりを見る方が面白かった昔の日、
ふく郎氏も皆と同じく映画が終わると、
肩をいからせながらカッコつけてたものだ。

学生運動で騒がしかったあの頃、健さん、文太さんは
確かに彼らの心情にぴったり合ったヒーローだった。

そのヒーローたちも80歳を越え、鬼籍に。


文太さんは晩年、脱原発、辺野古移設反対など
政治的発言に力を注いでいたけれど、
その言葉を運動のコアに出来ない現状が残念。

最近は左翼だの右翼だのとすぐにレッテルを貼りたがり、
また既成政党が自陣に組み込もうと画策したり、
また共闘できなかったりと、結局は政府の思うままに。

先の都知事選を見るにしても、
某政党など自民党のアシストの役割しか果たしていない。

党利党略が第一義では反原発運動も求心力不足で
政府への痛打にはなりえない。

あんな過酷事故を起こしながら、再稼働に必死の政府自民党に
選挙で大義を与えてしまうのだろうなぁ。

明日は衆議院議員選挙の告示日、
自民大勝、などにはなりませんように。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。