スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポン菓子

昨日のバクダン米をお菓子に。


きの子


祖母や母がお雛祭りに作ってくれた雛菓子、
あれは赤や緑に染めた物を混ぜた三色だったけれど
これは一色のみ。

水飴がないので蜂蜜と砂糖を飴にして絡め、薄く広げた。

3枚、切り分けたらこれまた大量になり入れ物が無い!
またまた貰い手探しを。

そう言えば昔はⅠ斗缶に入れてたなぁ。

お菓子らしいお菓子も無かったので
こんな素朴なお菓子でも缶が空になるまで
飽きることなく食べていたけれど、
今では郷愁を感じるだけでそうそう食べ続けることも出来ない。

飴を絡めていない物を次郎に気前よく振舞い、
(スバルはもう飽きた)
1升分の途方もない量に辟易してしまった。

1合分ぐらいが丁度いいかな?



気付けば12月も下旬、
大掃除の気力も湧かず、年越しの準備などまだ何も出来ていない。

そんな我が家に


きの子


来年の干支、可愛い羊が贈られて来た!

さすがプロの羊毛フェルト作品、ありがとうございました。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。