スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大歓迎

気まぐれスバルは好きなだけ外で遊び、
帰って来ると「開けて」となるのだけれど、
それに気づくのが次郎。

私に「きゅんきゅん」と言いながら知らせに来る。


きの子


そしてスバルを家に入れると暫くは付き纏って離れない。

舐めまわして大歓迎、
そんなにスバルが可愛いのだろうか?

一日に最低二度はこの儀式があるのだから
時にはスバルが煩がって手が出るのも致し方ない。

ペシペシ、ガルゥ~、
「離れろ!」

こうして文字通り、次郎のねこっ可愛がりが騒動の原因になる事が多い。

本当に兄貴の威厳なんて更々ない。

スバルは次郎のこの優しさを分かっているのかな?



きの子


ふく郎氏の友人の手土産。

切り落とし部分だけれどかえって柔らかいので食べやすい。

今日はきんぴらと酢蓮根に、
あすは筑前煮にでもしよう。

御馳走様。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。