スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ道が無い

原子力規制委員会の新基準審査に合格した伊方原発、


きの子


伊方原発が立地する佐田三崎半島は
本当に細長い半島で、国道は1本しか通っていない。

それも私が子供の頃はイクナ酷道と呼ばれていた197号線、
半島の村々へは連絡船で行き交っていた。


私の小学生の頃、二番目の姉と一緒に
そうした海辺の村に集金に行かされたことがあった。

ポンポン蒸気(焼玉エンジン)の連絡船に
延々と乗っていたように思っていたけれど
覚えていた地名と、海辺の村なのに、子供達は海で泳がず、
沼のような場所で泳いでいた事が不思議で
その2つの事を手掛かりにグーグルマップで探してみた。

あら?意外に近い。

連絡船は複雑な地形の半島に突き出ている
たくさんの鼻を経巡るしかなく、
更に海辺の村々に立ち寄っていたから随分時間が掛かったのか。


伊方原発の威力はイクナ国道が美しい道路になり、
何より半島全部が伊方町に併合されてしまっている。


いくら便利になったとは言え、一旦事が起こると
原発より先の半島は孤立してしまい、避難は船しかない。

避難計画は一体どうなっているのだろう?

地元愛媛でも再稼働反対の意見が多いらしい。

遠く離れてしまったけれどいつまでも
穏やかな地域のままでありますように。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。