スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅蒸し茶

いつの頃からだろうか?
緑茶が深蒸し茶全盛になったのは。

昔は固く絞ったお茶殻は畳の部屋の掃除に使っていたのに
最近は粉茶のように茶殻も細かくて、
網つきの急須でないとお茶を淹れる事も出来ない。

何軒かのお茶屋さんに聞いても深蒸し茶しか扱っていないと言う。

昔ながらの手もみ茶となると10g単位の扱いで
しかもバカ高い。

そう言うご時世なのか、と諦めていたのに、
三重県のお茶屋さんが浅蒸し茶を少量だけれど扱っていた!


きの子


ワーイ!何十年ぶりだろう?


きの子


そうそう、この水色とこの香り、そして甘さ。

機械揉みなので茶殻は手もみのようにはいかないけれど
それでも粉にはならない。


ネットで調べてみたら静岡だけでなく、
他の産地でも作っているところがあった。

もっと早く『浅蒸し茶』に気付けばよかった。

次は宇治茶で試してみよう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。