スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が止んだら

梅雨らしい降り方の一日で、


きの子


何もやる事の無い次郎とスバルは寝てばかり。

それでいて次郎は突然番犬として
きっちり仕事をするので、
その度に飛び上るほど驚かされる。

声がデカすぎるのよ。

「うるさい!黙れ!」
と私も敗けずに言えば
「お前の方が喧しい。」
とふく郎氏がポツリ。


一日中雨の予報が、夕方には降り止んで、


きの子


そうなるとスバルが落ち着かない。

どうしても外へ行きたい、としつこいので
根負けして出したら…
12時過ぎても帰ってこない。

もう暫く待っていようか、でも眠い。

何事も無いと思うけれど、やはり心配なので
もう少しだけ待ってみよう。

早く帰っておいで!


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。