スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御弔い

地区内に御弔いが出てお悔みに。


きの子


ふく郎氏が出かける時、
「昔なら倒れてたな」と。

冠婚葬祭、基本当家で行うのが当たり前だった時代、
こんな気温の高い日の参列ほど辛いものはなかったから。

篤い親戚でもない限り、参列は日盛りの屋外しかなく、
これはなかなか厳しかった。


御町内のお式となると参列だけではすまず、
更に持ち回りの役人となったらこれまた悲惨、
土葬の準備に死ぬ思いだったらしい。

煮炊き要員の女性たちを含め、
手伝いの人の多いのが普通だったので
本当に真夏のお式だけは勘弁してほしかった。


旧習に逆らって葬斎場使用を決めた最初のお宅には
本当に感謝している。

何かとあげつらった人たちも、
一度体験するとその簡便さに口をつぐみ、
それ以後全て火葬に代わったのだから。


きの子


それにしても今年は暑すぎる。

クーラーが苦手な私なのに毎日リモコンボタンを押していて、


きの子


ヤモリさんのお出まし頃にやっと切っている。

この暑い夏を無事に乗り越えられますように。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。