スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝も早よから

いつもは迷惑千万なヒグラシの大合唱も、
ピッタリな目覚ましとなって今朝は4時半起き。

彼岸の入りの一週間前は『ドウナギ』と言って
お墓の共同作業と決まっている。

皆さん朝が早いので後れを取らないように
5時には出かけたのだけれど、
朝早いにもかかわらずもうすでに暑い!

草を刈ったり、墓石を拭いたり、
70代80代のお年寄りたちの方が
私より仕事が早くて(いつもの事だけど)元気。

こちらはヒーヒーハーハー、情けない事限りなし。


きの子


それでも7時前には無事に掃除を終えた。


きの子


こちらは無縁墓地の卵塔、
3,11の大地震で倒れたままだけれど、
男性陣が頑張っても起こすことが出来なかったので
しかたなくこのままになっている。

昔の人はどうやって据えたのだろう?
何かコツでもあるのだろうか?


暑い暑い、一雨欲しい、と言っていたら
夕方6時過ぎに本当に降って来た!

地面から湯気がのぼり、このまま冷やして欲しかったのに、
通り雨、すぐに上がってしまった。


いつもは内陸部に雲があっても、
東に流れるうちに雲散霧消なのに、


きの子


同じ町内でも降ってない所もあって、
本当にこの入道雲の下だけの慈雨。

でももう少し降ってほしかったな。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。