スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き忘れ

午前中、次郎の検査に行って来た。

診察室に入るまではいつものように落ち着きなく、
逃げる算段ばかりしている。

それなのに診察室に入って奥さん先生と分かると
自ら診察台に上がるお利口さんぶり。

おとなしく診察を受け、
血液採取にも静かにしている。

待つこと暫し、


きの子


人間の血液検査と同じ。

今まで高過ぎた数値が少し改善されていて
この機会に延び延びになっていたワクチン接種をしましょう、って。

また診察室に逆戻り。

そして最近とみに苦労している爪切りもお願いしてみた。

これはやっぱり嫌がって一仕事、
で、結局ホッチキスの針の件を話すのをすっかり忘れてしまった。


別段変わったことは無いし、
出て来たブツを調べるのも嫌だし、
まぁ、異物誤飲は大丈夫だったのだろう、
と思う事にした。


きの子


帰って来れば今度はスバル、
背中の真ん中にコールタールだろうか?
べったり黒い物を付けて帰って来た。

拭きとれないのでハサミで切り取ったけれど
皮膚に着いた物はなかなか取れない。

皮膚に悪いかな?
と思いつつ、また医者に行くのも辛い。

これまた様子見と言う事にしよう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。