スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1か月経過

次郎の退院から1か月が経った。


きの子


カラーを付けた生活は実にやかましい。

特に夜中、寝返りうったり、寝る位置を変える度、
ドガッ、グシャ、カシャ、色々な音でこちらも目が覚めてしまう。

寒い時期、スバルも私の寝床に入ったり出たり忙しく、
湯たんぽ替わりにされるだけで目が覚めるし、
ここの所私はすっかり寝不足が続いていた。


きの子


ヨシッ、思い切ってカラーを外そう。

傷跡を舐めたり掻いたりそれが気がかりなのだけれど
あまり気にする風もなく、まずは安心。


服を脱がすにはまだ手術箇所以外の
皮膚が薄くなり、擦れて赤くなった所の赤味が取れないので
もう少し着せておこうかな?と。



きの子


スバルの方がカラーを嫌がっていたのに、
それが無くなると安心して寝ている。

これで次郎にくっつかれても痛くないものね。


服も早く不要になりますように。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。