スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出荷制限の解除

今朝起きてテレビをつけると
丁度ダッカからの政府専用機の着陸が映し出されていた。

非イスラム教徒と言う理由だけでテロの対象となるのであれば、
またシーア派とスンニ派との対立が激化するのであれば
この地球上に平穏な地などどこにも見出せない。

安倍総理は『戦争のできる国』を目指しているようだけれど、
それだけでもう、テロの口実を与えてしまう事になりかねず、
参院選の行方に気を揉んでいる。

版図を広げようとする隣国の野望も気になるけれど・・・



我が町の筍の出荷制限は去年の10月2日に解除されていた!

生産農家でもないし、町の広報もあまり見ないしで
友人に指摘されるまで気が付かなかった。

国の100㏃基準よりも厳しい50㏃で検査、と言っても
町の測定器の検出下限値は20㏃前後あり、
NDであっても全く0ではないはず。

私のEMF211は下限値3㏃ほどなので
筍は孟宗も真竹もNDにはならない。

友人に
「7,3㏃だった。」
と伝えても5年も経てば最早気にならないらしく、
「そうかぁ」でおしまい。


たしかに6シーズン目の生り物は検出が難しくなっている。

でも


きの子


ワサワサいくらでも生えているペパーミントの葉を炭化させると
101㏃まで上昇する。

生葉でND、炭化するまで乾燥させると101㏃、
事故から回復した、と喧伝される割にはまだまだ汚染は残っている。

それに掃除機で集めたハウスダストはまだまだ
3桁が続いているし。

これからも気を引き締めて観察を続けよう。

後の祭り

最近ちょくちょく回って来るこの画像、
目にする度にニヤリとしてしまう。


きの子
(画像をクリックすると詳しく読めます。)


それにしてもよく出来てる『嘘八百新聞』だ事。

ちなみに松岡洋右役はキャメロン首相と言うより
ジョンソン氏の方かな?

このジョンソン氏、あれだけ強気の旗振り役だったのに
党首選挙には出ないというし、
世論の批判を浴びてもう腰砕けになったかな?

選挙の熱気が冷めて離脱決定を後悔しても後の祭り、
これから世の中どうなってしまうのだろう?


日本も今選挙期間中だけれど、原発問題は争点にならず、
移ろいやすい世論はいつの間にやら
安保関連法案反対を叫んでいる。

「戦争反対!安保反対!」
のシュプレヒコールやスローガンは
物心ついたころから聞いているし目にしているし、
何かもう手垢がついていて新鮮みが感じられない。

原発廃止!再稼働反対!
あの熱気は一体どこへ行ってしまったのだろう。

国会前の反原発の抗議集会がいつの間にやら政党に乗っ取られ
安保関連法案反対を叫びだしてしまった。

5年経って事故の恐怖心も薄れたかな?
5年経とうと事故による汚染はしっかり残っています!

我が町のタケノコ出荷制限はまだ解除になっておらず、
頂き物の筍もしっかり7,3㏃出ていた。
(食べたけれど)

東電の責任は追及されず、
損害賠償請求も受け付けさえして貰えない。

これからもずうっと汚染の中で暮らして行くしかない身には
忘れっぽく、寛容な世論が不思議だし、それを悔しく思っている。



きの子


梅干しの水が上がって来たので紫蘇をもらって来た。
(これも計測すればきっと数値が出るだろう。)


きの子


お礼はパウンドケーキで
スイカ、キュウリ、トマト、新じゃがと
夫々のお宅にお礼を言ってきた。

一番膨らみの悪かった分がおやつになった次第。


仕切り直し

EMF211(放射能測定器)用パソコンの動作がおかしくて
修理に出したらハードディスクの交換になってしまった。

取次店さんにはデーターを残そうと色々やって頂いたのに残念!
でも一応外付けHDDに大部分は移しているので
その点は大丈夫。


きの子


唯、バックグラウンドを一から取り直すしかなく、
それがまぁ、メンドクサイ。


測定用の容器は4種類あって、
夫々空の状態と水を充たしてからの両方計測しなければならない。

測定下限値を下げるために
なるべく長時間測定する方が良いので
面倒でも24時間計測している。

1日1BG、気の長いことですワ。


BGを計測してその間に溜まっていた検体を計測、
と、なかなか忙しい。


ルンバでのゴミは124㏃で以前に比べて随分下がっているけれど、
次郎とスバルの換毛期だったので、
ハウスダストと言うより、彼らの抜け毛が多くて、
前回までの結果と比較するのは無理があるかも。

だから2桁になるのにはまだまだ時間が掛かるかな?



きの子


スイカを頂いた。

大玉スイカでは持て余してしまうので、
これぐらいの小玉スイカは有り難い。

キュウリやトマトや新じゃがとこちらは頂いてばかり。

何かお返ししなくちゃね。

真竹あれこれ

日曜日、環境整備組合(正式名称は・・・?)で
機場(揚水場)の草刈りがあって
その記録係の仕事を頑張ってきた。

よく分からないけれど、これは
環境省か農水省かのばら撒き仕事の一環で、
写真添付でその記録を提出すれば何がしかの
『御下賜金』が出る仕組みになっていて、
その額はホンとに微々たるものだけれど、
どうせ年に何回も共同作業に駆り出されるのだから
無いよりはマシかなぁ、と。


きの子


草刈りを終えて見通しを悪くしている真竹も刈ることに。

この時期の真竹の生育はすさまじく、
勢いよく伸びた根はアスファルトも押し上げてしまう。


この日、組合長の所に太鼓製作所の方が見えられた。

はるばる遠くこんな所まで?
真竹の皮を集めたいとの事、
小太鼓や鼓は縁を鉄のフレームで固定するらしく、
そのフレームのクッション材として真竹の皮が最適なのだとか。

最近は真竹を扱う専門業者がいなくなって
社長自らが尋ね尋ねてここ真竹の里にたどり着いたらしい。


わが地区は孟宗竹を植えることをタブーにしていて、
見事に真竹だらけ。

何故タブーになったのか?
昔々、竹槍で攻め込まれ、死者が出る騒動があったのだとか。

中世の戦の時か、もう少し下って水争いでもあったか、
それ以来孟宗竹を忌避することを村中で申し合わせたらしい。

姑は「狂人が出るから」と言っていたけれど、
それほど悲惨な事だったのだろう。



きの子


「筍をどうやって食べてる?」
と聞けばやはりメンマ(もどき)が多いようだ。

ほかに新じゃがと合わせる、との話もあったので
まねっこしてみた。


事故から6シーズン目、
今年は採りに来るグループが来ないので、
本当に久しぶりに裏山に入っている。

ハクビシンだろうか、柔らかい先の部分だけ
食い荒らされている事が多く、収穫は少ない。

それに今、測定器は点検でメーカーさんに行っていて、
計測できないので、
今年の筍は大丈夫かな?大丈夫だろう、
と、勝手に判断して毎日ハクビシンと競争している。

もうすぐ夏至でシーズンも終了、
それまで筍採りを楽しみます。




捩花の季節

今年もネジバナが咲きだした。

でも・・・


005_20160616232446b29.jpg


去年は数えきれないほど咲いたので、
今年はさぞやたくさん咲くだろうと期待していたのに、
何とも貧相に5本を数えるのみ。

多年草のはずなのに、様相は全く一年草のようだ。



DSCF6587.jpg




東京都民ではないのでコメントするのは場違いだけれど、
舛添知事関連のニュースは全国放送での大騒ぎ、
え~と、国政関連じゃないよね?

石原知事の時の公私混同ぶりは舛添さん以上に酷かったらしいし、
登庁も週に三日ほどの怠慢さで他の日は連絡すら出来なかったとか。

石原さんの時は大して問題視されず、
今回は辞任にまで追い詰められた。

この差は一体何なのだろう?

贅沢が身についている有無を言わせぬ豪快さと、
漫画本一冊からのチマチマしたいじましさの方が叩きやすかったのかな?

攻撃の発端はどこから始まったのか知らないけれど
それにしてもあっという間にこぞって集中砲火を浴びせるすさまじさに
都民でない者は唖然としてしまった。

まぁ都民でなくても舛添さんの政治資金流用は
政党交付金として税金が使われているのだし、
やはりそのみみっちさはこちらも恥ずかしくはなるけれど。

都政にしろ国政にしろお金にクリーンな方が望まれます。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

森野 きの子

Author:森野 きの子
森の木陰でひっそりと生息中
     
森野 ふく郎(ダンナ)
次郎(犬)
スバル(強引に我が家に住み着いた捨て猫)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。